労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

団体交渉・労働組合対応

団体交渉申入書が届いたら…会社側が最初にチェックする7つのこと

更新日:

団体交渉申入書は、「団体交渉」という労働問題の交渉手段に応じることを求めて、労働組合が、会社に対して差し入れる書面のことをいいます。

突然、書面が送付されて、「失礼だ。」と憤慨されている会社の社長の法律相談をよく聞きます。

合同労組(ユニオン)が、会社に対して、団体交渉を申し入れる流れは、次のように進みます。

団体交渉申入書までの流れ

  • 個別の労働者が合同労組(ユニオン)に相談する
  • 労働者が合同労組(ユニオン)に加入する
  • 合同労組が会社に対し、その会社の労働者が加入したことを通知する(労働組合加入通知書・労働組合結成通知書)
  • 合同労組が会社に対し、団体交渉の申入れを行う

したがって、会社側(企業側)が、団体交渉申入書を受け取ったときには、労働組合側(労働者側)の準備は、かなりの程度進んでいると考えてよいでしょう。

団体交渉申入書を受け取った時点では、すでに労働問題は後戻りできない程度に進んでおり、十分な準備を行った労働組合に対して、会社側(企業側)としては不利な状態からのスタートです。

そこで今回は、突然の労働組合に加入されてしまい、「団体交渉申入書」が到着した会社の方の相談に対して、労働組合対応を得意とする会社側(企業側)の弁護士が、適切な対応について解説していきます。

参 考
労働組合加入通知書・労働組合結成通知書の注意ポイントは、コチラをご覧ください。

労働問題がこじれて合同労組・ユニオンに加入されてしまった時点で、会社側としては不利な状態からのスタートとなります。今後団体交渉を行うこととなる、という前提のもと今後の対策をしましょう。

続きを見る

「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ!

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

労働組合加入通知書・労働組合結成通知書で会社が注意するポイント

労働問題がこじれて合同労組・ユニオンに加入されてしまった時点で、会社側としては不利な状態からのスタートとなります。今後団体交渉を行うこととなる、という前提のもと今後の対策をしましょう。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/26

労働組合対応に強い弁護士が、会社側(企業側)でサポートできる7つのこと

団体交渉を、労働組合から申し入れられたとき、特に合同労組(ユニオン)であれば、多くの同様の労働問題についての団体交渉を経験しているはずです。 そして、過去に何度も団体交渉を経験していることから、労働基準法、労働組合法、労働契約法など、重要な労働法の使い方を熟知しています。 会社側(企業側)としては、労働組合が団体交渉において並べ立てる労働法の条文、労働者の権利について、無知であることがほとんどではないでしょうか。 実は、会社側(企業側)に有利な法律の条文や解釈、裁判例もあるのでしょうが、労働組合から団体交 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/14

労働組合の「ビラまき」は違法?名誉棄損・業務妨害にならない?

労働組合との交渉を進めていくにあたって、労働組合が、「ビラまき(ビラ配布)」や、「ビラ貼付」という組合活動を行うことがあります。 実際にこのような手段に出ることまではしなかったとしても、団体交渉の席上で、「ビラまきを行うことになる」という発言をしてくることがあります。 会社側(企業側)としては、労働組合の権利が手厚く保証されていることを知りながら、まかれるビラの内容によっては、会社に対する名誉棄損・業務妨害になるのではないかと、不安がつのることでしょう。 労働組合(合同労組・ユニオンなど)によるビラまき、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

合同労組(ユニオン)とは?外部の労働組合でも団体交渉の義務あり!

まずは団体交渉の相手方をよく知りましょう。合同労組、ユニオンとはどのような存在か?について解説します。合同労組(ユニオン)は、労働問題の交渉に関するプロであり、労働基準法、労働組合法の知識を熟知しています。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/9

団体交渉当日の、進め方と話し方の10のポイント

団体交渉を申し入れられて、事前準備を終えたら、いよいよ、団体交渉の当日にのぞみます。 そこで、団体交渉対応を行うにあたって、団体交渉の実際の交渉の場で、どのように交渉を進行したらよいか、また、どのように話すのがよいかを、弁護士が解説します。 団体交渉を数多く経験することで、労働組合(合同労組・ユニオンなど)のやり方を知った弁護士からアドバイスを受けることで、事前に団体交渉の雰囲気を知っておくことができます。 「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ! 目次1 団体交渉は、普通の「話し合い」とこころえる2 労働組 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

労働組合の団交申入に対して、会社が回答書に書くべき8つのこと

労働問題に強い弁護士に依頼をすれば、弁護士名義の「回答書」という書面を作成し、回答を送付することとなります。回答書を慎重に記載しなければ、団体交渉拒否などの不当労働行為とされる場合もあります。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/27

団体交渉への対応を、弁護士に法律相談するなら!

団体交渉に、適切に対応し、会社側(企業側)に有利な解決を勝ち取るためには、専門家によるアドバイスが必要となります。 労働組合法、憲法などの法律によってその権利を保障された「労働組合」と行う団体交渉(団交)では、労働法をはじめとする法律の知識とともに、団体交渉のおける「交渉ノウハウ」が必要です。 注意ポイント 団体交渉は、労使相互の代表者が、組合員となった従業員の労働条件などについて、話し合いを行う場です。 しかし「話し合い」といいながら、労働組合は、多種多様な「労働者の権利」を熟知しています。労働組合に有 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

団体交渉に参加する会社担当者が準備すべき11のポイント

会社側担当者として団体交渉に参加する以上は、きちんとした準備と心構えをすべきです。団体交渉に、労働問題に強い弁護士が同席する場合であっても、労働組合からの質問に対してすべて弁護士が回答するのは適切でない場合があります。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/8

団体交渉で、会社がやってはいけない禁止事項の基本

団体交渉を行うにあたっては、会社側(企業側)で気を付けておかなければならないポイントが多くあります。 特に、労働者側(労働組合側)が、労働組合法によって保護されていることから、会社側(企業側)で留意しなければならないのは「やってはいけないこと(禁止事項)」です。 そこで、弁護士が、労働組合(合同労組・ユニオンなど)と団体交渉を行う会社の、やってはいけない禁止事項について、対応方法を踏まえて解説します。 「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ! 目次1 労働組合の要求に「応じなければならない」と考えない2 団体 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/26

派遣労働者と団体交渉する義務アリ?派遣先の組合対応の4ポイント

派遣労働者の加入した労働組合から、労働組合結成通知書、団体交渉申込書への、派遣先会社の対応の解説。派遣先も、申込みなし制度の適用となる場合、労働条件を支配している場合等一定の場合、派遣社員からの団体交渉に応諾する義務があります。

ReadMore

弁護士
浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、弁護士の浅野です。

当事務所では、労働組合対応を得意としており、特に、団体交渉申入書を受領してしまった会社側(企業側)に、安心、かつ、丁寧なサービスを提供しております。

突然届いた書面に対して、気の強い社長の「無視しておけば大丈夫。」という考えも、気の弱い経営者の過度な不安も、いずれも、弁護士からのアドバイスにより取り去ることができます。

団体交渉申入書のサンプル

まず、団体交渉申入書が、実際にどのようなものか、サンプルを見てみましょう。

この団体交渉申入書のサンプルを見て頂くことにより、実際に御社に到着した団体交渉申入書が、よく合同労組(ユニオン)の使う書面であることをご理解ください。

団体交渉申入書には、会社側(企業側)を厳しく非難し、労働問題の責任を追及する強い表現が書いてあることが多く、団体交渉申入書を見慣れない会社の方にとって、不安がとても強まると考えるためです。

平成○○年○月○日
株式会社○○○○
代表取締役 ○○○○ 殿
○○○労働組合○○支部
執行委員長 ○○○○
団体交渉申入書

株式会社○○○○で働く○○○○さんが、当労働組合に、平成○○年○月○日に加盟しました。

そこで、この度、下記事項を議題として、団体交渉の申し入れをします。

議題1:組合員○○○○の長時間労働について
議題2:組合員○○○○の残業代の未払いについて

以上

貴社におかれましては、団体交渉に応諾頂けるか、また、応諾いただける場合であっても下記期日について変更、調整が必要か否かについて、本書面到着から1週間以内に、速やかに回答するよう求めます。

団体交渉開催の日時:平成○○年○月○日○時~
団体交渉開催の場所:貴社会議室、もしくは、当労働組合内の会議室

以上

ただし、団体交渉の開催を遅延させる行為、団体交渉への応諾を拒否する行為をはじめ、不誠実な交渉態度は、労働組合法に禁止される「不誠実団交」にあたるため、厳に慎むよう強く求めます。

ご紹介する団体交渉申入書のサンプルは、あくまでも必要最低限のことが記載されたごく一般的なものです。ケースによって、更に詳細な情報が記載されていることも少なくありません。

団体交渉申入書を読む前の心構え

残業代請求をしていた社員からしばらく連絡がなかったと思ったら、案の定、労働組合に加入したという通知が来てしまいました・・・。

会社の社長といえども、突然、見たこともない書面が到着したら、どのように対応してよいかお悩みになってしまうことは、非常によく理解できます。

団体交渉申入書の、個別具体的な内容の解説に入る前に、まずは、団体交渉申入書を読むときの「心構え」をお伝えします。

突然、労働組合から書面を一方的に送り付けられ、「無視したら労働組合法違反である」などと強い口調で言われれば、どんな気持ちで書面を読んでよいのかわからなくなってしまいます。

当事務所にお越しになる社長の法律相談でも、焦って失敗したり、怒って失敗したりといった例も多くあります。

まずは、冷静に落ち着いて、労働組合から来た団体交渉申入書を読んでいただくために、「心構え」について解説します。

労働組合対応・団体交渉対応を得意とする弁護士は、多くの社長が抱かれる怒り、不満、不安を理解し、親身かつ冷静に、一緒に対応方針を検討します。

焦りすぎない

突然の団体交渉申入書にはスピーディな対応が必要ですが、すぐに書かれた労働組合に電話をして、すぐに対応することはお勧めしません。

労働組合は、団体交渉申入書を出す前に、十分な準備をして、手ぐすね引いて待っているからです。

会社側(企業側)としても、まずは最低限の対応方針を定め、冷静に団体交渉申入書を読んだ上で、はじめて対応に移るべきです。

不安を感じすぎない

団体交渉申入書には、「不当労働行為」、「労働者の権利を不当に侵害した」、「ブラック企業」など、過激なワードが並んでいることがあります。

しかし、団体交渉申入書は、あくまでも労働組合の主張が書かれた書面です。

これから責任の所在について、団体交渉で誠実に話し合えばよいのであって、書面の文言だけで不安を感じすぎることはありません。

無視しない

気の強い社長などは、不安を感じるのではなく、怒りのあまりに我を忘れてしまう方もいるようです。

団体交渉申入書に対して、「労働者が自分で交渉をすべきだ。」、「すぐに会社に呼びつけてやる。」といった対応は、不適切と言わざるを得ません。

交渉の窓口を、労働者側が労働組合に定めた場合には、その選択にしたがって団体交渉に応じなければ、「不当労働行為」となります。この点は、団体交渉申入書の記載が正しいと言わざるを得ません。

団体交渉申入書に書かれた内容の説明

団体交渉申入書のサンプルによって、だいたいのイメージを理解していただけましたでしょうか。

それでは早速、団体交渉申入書に記載されている内容について、個別に、その意味を弁護士が解説していきます。

団体交渉を申し入れる意思表示

まず、団体交渉申入書には、書面の一番の目的である、「団体交渉を申し入れる旨の意思表示」が書かれています。

労働組合の要求に応じるかどうかは、「是々非々」であり、応じない場合もあります。しかし、団体交渉の申し入れには、応じなければならないケースがほとんどだとお考えください。

団体交渉の議題

次に、団体交渉申入書には、労働組合が開催した団体交渉について、どのような労働問題を「議題」としたいかが記載されています。

団体交渉の「議題」として、労働組合や、その労働組合に加入した組合員(従業員)の労働問題が書かれているかどうかを検討してください。

労働組合の要望

団体交渉申入書には、団体交渉における議題とともに、各議題についての、労働組合側の要求が記載されていることが一般的です。

この部分の記載は、労働問題についての労働者側の主張と、その法的根拠、基本となる裁判例についての知識がなければ、「労働組合の要求が正しいかどうか。」を判別するのは困難です。

回答期限

団体交渉申入書には、回答期限が明記されていることが一般的です。労働組合としても、早く団体交渉を行ってほしいと考えることから、回答を急かしてきます。

必ずしも、労働組合が一方的に設定した期限を守らなければならないわけではありませんが、「誠実な交渉」といえるためにも、少なくとも回答期限までに回答が困難であれば、そのことをお伝えするべきです。

団体交渉のルール

団体交渉のルールには、大きくわけて、次の3つのものがあります。これらは、労働者側(労働組合)と、使用者側(会社)が、話し合いで決めるものです。

  • 団体交渉の開催日時
  • 団体交渉の開催場所
  • 団体交渉の参加者

話し合いで決めるべき団体交渉のルールについて、あくまでも「労働組合の主張が書かれている」と考えてください。会社側(企業側)に異論がある場合には、話し合い、調整が必要です。

特に、団体交渉のルールの決め方については、最初に行った決め方が、団体交渉が進んだ後々も影響することが多くあります。

参 考
団体交渉の参加者については、こちらをご覧ください。

団体交渉のルールは、当事者同士が話し合いながら決めていくものです。団体交渉の参加者を決定するにあたっては、会社が不利になることのないよう、戦略的に検討しましょう。

続きを見る

不当労働行為についての知識

「不当労働行為」とは、労働組合法において、労働組合を保護するために定められた、会社側(企業側)の違法行為のことをいいます。

より具体的には、「不誠実団交(団交拒否)」、「労働組合に対する不利益取り扱い」、「支配介入」の3つがあります。

団体交渉申入書には、不当労働行為を行って、労働組合の権利の侵害されることのないよう、また、労働者側に有利に団体交渉を進められるよう、不当労働行為についての知識がわかりやすく記載されていることがあります。

会社側(企業側)としては、大きなプレッシャーを感じることでしょうが、労働組合に解説を待たずとも、不当労働行為を行うことはお勧めできません。

組合活動についての警告

最後に、不当労働行為をはじめとして、会社側が、労働組合の思う通りに行動しない場合の「警告」が、団体交渉申入書に記載されていることが多くあります。

警告には多くのものがありますが、よく団体交渉申入書に書かれていることには、次のようなものがあります。

ポイント

労働委員会に対する、不当労働行為救済の申立てをする
会社内で、ビラ配り、ビラ貼付をする
労働組合のホームページで、会社名を出して活動内容を報告する。
会社周辺で、街宣活動、抗議活動、労働争議を行う。
労働基準監督署へ申告し、臨検を要請する
マスコミに情報提供し、記者会見を開く

これらの労働組合の、組合活動についての警告は、いずれも会社側(企業側)に対して大きな損害を与えるものですが、程度が相当なものであれば、労働組合の権利として認められるものも少なくありません。

ただ、警告、脅しに屈することができない場合もあるでしょう。

そこで、団体交渉に応じ、できる限り、会社が大きな損失を負うことなく対応するためにも、団体交渉申入書に対する最初の回答は、慎重に検討する必要があるのです。

団体交渉申入書の対応は、団体交渉の得意な弁護士にお任せください

いかがだったでしょうか。

今回は、団体交渉申入書について、突然、労働組合から書類を受領してしまった会社側(企業側)の立場に立って、社長が万一の事態に焦らないよう、解説しました。

団体交渉に応じる必要があることを解説しましたが、団体交渉に応じたからといって、労働組合の要求にすべて応じなければならないわけではありません。

会社側(企業側)の立場で、経営者の目線のわかる弁護士に、団体交渉申入書の対応をお任せください。

この解説を書いている弁護士法人浅野総合法律事務所では、これまでに数多くの団体交渉申入書を見て、対応をお任せいただいた解決実績がございます。

FLOW
kaigi
ご相談の流れは、こちらをご覧ください。

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区)では、労働問題と企業法務しています。 会社で、常日頃から問題となる労働問題と企業法務に特化することで、会社を経営する社長、人事労務の担当者の目線に立って、親 ...

続きを見る

弁護士への法律相談予約はこちら

まとめ

企業の労働問題解決ナビをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

今回の解説では、団体交渉申入書に対する対応について、弁護士がくわしく説明しました。団体交渉申入書は、あくまでも労働組合の主張であるため、「どう読んだらよいのか。」を冷静に検討してください。

この記事では、次のことを理解していただけます。

団体交渉申入書とは、どのような書面か
一般的な団体交渉申入書の記載事項
団体交渉申入書を読むときの、会社側(企業側)の心構え
団体交渉申入書に書かれた内容と、チェックポイント

企業側(会社側)の労働問題、特に、団体交渉・組合対応の解決は、弁護士にお任せください。

当事務所では、経営者目線で、会社側(企業側)の立場で、労働問題を解決してきた豊富な実績がございます。

会社側の労働問題は、
弁護士にご相談ください。
経営者の気持ちがわかる弁護士が、
「二人三脚」で親身にお話をききます。
お問い合わせはこちら

-団体交渉・労働組合対応
-

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.