労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

「問題社員対応」 一覧

人手不足の中、労働力を確保するためには、適切な労務管理が不可欠です。

問題社員を放置しておくと、エスカレートし、他の社員の業務効率を低下させたり、モチベーションを低下させたりする悪影響が出て、企業秩序を守ることができなくなってしまいます。

会社の秩序を乱す問題社員には、早期の段階から、注意指導、懲戒処分から解雇へと至るまで、労働審判・労働訴訟で争われても「有効」と判断される、正しい対応が必要となります。

問題社員を作り出した原因が、会社の労務管理の不足、残業代についての違法な考え方など、会社側(企業側)に法違反の問題がある場合には、早急に改善が必要となります。

問題社員対応

2018/8/20

GPSで労働者の位置情報を取得したら違法?プライバシー侵害?

「GPSで、従業員の位置情報をチェックして労務管理することができますか?」という、会社側(企業側)でよくある労務管理についての相談に、弁護士が回答していきます。 スマートフォンをはじめ、GPSの小型化により、従業員の位置情報を、簡単にチェックできるようになりました。しかし、従業員から厳しい反発を受けることもあります。 よくある法律相談 外回りの営業マンに業務日報を提出させているが、きちんと仕事をしているかGPSで確認したい。 会社の目の届かないところで、業務時間中にサボっていないかどうか、携帯電話のGPS ...

問題社員対応

2018/8/15

退職証明書の5つの注意点と、労働者から求められた時の対応まとめ

会社は、労働者が退職するとき、労働者から求められたときは、「退職証明書」を労働者に交付する必要があります。 この「退職証明書」を提出すべき会社側(企業側)の義務は、労働基準法(労基法)に記載されている義務です。 「退職証明書」について、会社側(企業側)から、次のような法律相談を受けることがあります。 よくある法律相談 労働者から、「退職証明書」を求められたが、どのような記載をしたら会社側(企業側)のリスクが減るか知りたい。 「退職証明書」のよくある書式(文例・ひな形)を知りたい。 問題社員を解雇するとき、 ...

問題社員対応

2018/8/14

解雇する前に、退職届を受け取るための6つの方法と理由

懲戒解雇、普通解雇を検討している場合に、まずは退職勧奨による合意退職を検討すべきである理由を解説します。窮地に陥った労働者の行う労働審判、訴訟では、解雇権濫用法理により解雇が制限されている以上、会社は非常に不利な状況に立たされざるを得ません。

問題社員対応

2018/9/5

副業(兼業)は禁止できる?「懲戒処分」は違法?

副業、兼業を御社従業員が行っていた場合、御社の業務に専念してほしいと考え、制裁を課すことを考える経営者、人事労務・総務担当者の方からご相談を受けるケースがあります。兼業禁止規定を置いている会社が多いですが、兼業禁止の命令が有効な場合は、制限されています。

会社側の労働問題は、
弁護士にご相談ください。
経営者の気持ちがわかる弁護士が、
「二人三脚」で親身にお話をききます。
お問い合わせはこちら

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.