労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

団体交渉・労働組合対応

「経営三権」とは?団体交渉によらず会社が決める権利あり!

投稿日:

労働組合との団体交渉に、会社側(企業側)の立場で対応すると、労働組合(労働者側)が保護されすぎているのではないか。」と不満を口にする社長(経営者)の方がいます。

しかし、労働組合に、憲法、労働組合法などで権利が保障されているように、会社側(企業側)にも「経営三権」が存在するといわれています。

つまり、会社側(企業側)でも、一定の権利については、会社が決めてよいことだとされているという意味なのです。

「経営三権」を理解し、団体交渉における話し合いが「経営三権」を侵害することのないように進めることによって、労働組合との団体交渉を、会社側(企業側)の有利に進めることができます。

「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ!

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

労働組合加入通知書・労働組合結成通知書で会社が注意するポイント

労働問題がこじれて合同労組・ユニオンに加入されてしまった時点で、会社側としては不利な状態からのスタートとなります。今後団体交渉を行うこととなる、という前提のもと今後の対策をしましょう。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/28

労働組合のストライキ(争議行為)への対応方法は?

ストライキ(争議行為)は、日本国憲法において労働組合に対して保障されている「労働三権」のうちでも、「最終手段」として位置づけられた重要な権利です。 労働組合の権利として認められていることから、会社側(企業側)で労働組合対応を行うとき、ストライキ(争議行為)を行う権利を侵害しないよう慎重な対応が必要となります。 しかし一方で、ストライキ(争議行為)が怖いあまりに、労働組合対応が消極的となってしまうケースも少なくありません。 よくある法律相談 団体交渉の場で労働組合から「ストライキ(争議行為)をする」と言われ ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/9/1

不当労働行為とは?違法行為にならないための会社側の注意点は?

憲法は、労働者の権利について、労働三権(団結権、団体交渉権、団体行動権)を保障し、弱い立場の労働者が結集して労働組合を結成し、会社側(企業側)と交渉することを保護しています。 憲法上の「労働三権」を実効的なものにするために、労働組合法に定められたのが「不当労働行為」です。 よくある法律相談 団体交渉で普通に話をしていたはずが、労働組合から突然「それは不当労働行為だ」といわれた。 労働組合から、「不当労働行為なので、労働組合員を解雇してはならない」といわれた。 不当労働行為について、労働委員会に救済命令を申 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/14

労働組合の「ビラまき」は違法?名誉棄損・業務妨害にならない?

労働組合との交渉を進めていくにあたって、労働組合が、「ビラまき(ビラ配布)」や、「ビラ貼付」という組合活動を行うことがあります。 実際にこのような手段に出ることまではしなかったとしても、団体交渉の席上で、「ビラまきを行うことになる」という発言をしてくることがあります。 会社側(企業側)としては、労働組合の権利が手厚く保証されていることを知りながら、まかれるビラの内容によっては、会社に対する名誉棄損・業務妨害になるのではないかと、不安がつのることでしょう。 労働組合(合同労組・ユニオンなど)によるビラまき、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/26

団体交渉申入書が届いたら…会社側が最初にチェックする7つのこと

団体交渉申入書は、「団体交渉」という労働問題の交渉手段に応じることを求めて、労働組合が、会社に対して差し入れる書面のことをいいます。 突然、書面が送付されて、「失礼だ。」と憤慨されている会社の社長の法律相談をよく聞きます。 合同労組(ユニオン)が、会社に対して、団体交渉を申し入れる流れは、次のように進みます。 団体交渉申入書までの流れ 個別の労働者が合同労組(ユニオン)に相談する 労働者が合同労組(ユニオン)に加入する 合同労組が会社に対し、その会社の労働者が加入したことを通知する(労働組合加入通知書・労 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/10

労働組合を結成・加入するメリットは?

労働者側の立場で、労働組合に加入するメリットは多くありますが、最大のメリットは、労働組合の権利が、憲法・労働組合法といった重要な法律で保障されていることです。 会社側(企業側)の立場で、労働組合に対応したり、団体交渉に参加したりするにあたっては、「なぜ、労働者が、労働問題の解決のために、労働組合を選択したのか。」を知っておいてください。 労使の力関係の差をうめるために、集団で戦うことを認めた労働組合ですから、メリットがあるのは当然です。 弁護士に相談する、労働審判、労働訴訟など、その他の戦い方との比較で、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/9

団体交渉当日の、進め方と話し方の10のポイント

団体交渉を申し入れられて、事前準備を終えたら、いよいよ、団体交渉の当日にのぞみます。 そこで、団体交渉対応を行うにあたって、団体交渉の実際の交渉の場で、どのように交渉を進行したらよいか、また、どのように話すのがよいかを、弁護士が解説します。 団体交渉を数多く経験することで、労働組合(合同労組・ユニオンなど)のやり方を知った弁護士からアドバイスを受けることで、事前に団体交渉の雰囲気を知っておくことができます。 「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ! 目次1 団体交渉は、普通の「話し合い」とこころえる2 労働組 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/8

団体交渉を行う前に決めておくべき「事前準備」の基本

団体交渉は、お話し合いの手続です。しかし、円満に話し合いできることはむしろ少なく、敵対的な話し合いとなることもあります。 そこで、労働組合との団体交渉を行う前に、基本的なルールについて、労使双方の話し合いをもって決めておくことが必要です。 団体交渉の本題は、あくまでも「労働問題」であって、「手続的なルール」の話し合いは、付随的なものです。 団体交渉の議題が、両者が感情的になって紛糾するおそれの強いものであればあるほど、「手続的なルール」については、付随して争いとならないよう、具体的、かつ、詳細に決めておい ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/26

労働組合対応に強い弁護士が、会社側(企業側)でサポートできる7つのこと

団体交渉を、労働組合から申し入れられたとき、特に合同労組(ユニオン)であれば、多くの同様の労働問題についての団体交渉を経験しているはずです。 そして、過去に何度も団体交渉を経験していることから、労働基準法、労働組合法、労働契約法など、重要な労働法の使い方を熟知しています。 会社側(企業側)としては、労働組合が団体交渉において並べ立てる労働法の条文、労働者の権利について、無知であることがほとんどではないでしょうか。 実は、会社側(企業側)に有利な法律の条文や解釈、裁判例もあるのでしょうが、労働組合から団体交 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/9/4

労働委員会とは?労働問題の解決方法(救済申立・調停・あっせん)

労働組合対応・団体交渉対応を行うにあたって、労働委員会と、そこで行われる手続に関する理解は非常に重要となります。 労働委員会で行う手続きによって集団的労使紛争(労働組合と会社との紛争)を解決できることが、労働組合が労使紛争を解決するための大きな手段となるためです。 労使間で起こった紛争が、労働組合、会社との、団体交渉による自主的な話し合いでは解決しきれないとき、労働委員会の手続で解決することには、会社側(企業側)にとっても大きなメリットがあります。 そこで今回は、労働委員会の役割、労働委員会で行われる手続 ...

ReadMore

弁護士
浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、弁護士の浅野です。

当事務所では、団体交渉の対応について、経営者側の視点にたって対応しています。

そのため、団体交渉にのぞむ経営者のお気持ちは、非常に理解できます。「経営三権」は、団体交渉をしなければならないけれども、譲歩したくない会社側(企業側)にとっての、重大な「砦」になります。

「労働三権」と「経営三権」

集団労使紛争においては、労働者側には、「労働三権」が認められています。「労働三権」とは、次の権利です。


「団結権」
:労働者が団結して、労働組合を結成する権利

「団体交渉権」
:労働組合が、会社との間で団体交渉を行う権利

「団体行動権(争議権)」
:労働組合が、争議(ストライキなど)を行う権利

これらの「労働三権」をみると、労働組合には、通常では許されない行為が許容されており、交渉ではむしろ、会社に不利なようにみえてしまいます。

しかし、本来は、会社側(企業側)と労働者側との間では、交渉力に格差があったため、弱い立場にある労働者を守るためにできたのが、この「労働三権」です。

これに対して、会社側(使用者側)に認められる「経営三権」とは、次の3つです。


「業務命令権」
:使用者が、労働者に対して、業務に関する命令をすることができる権利

「人事権」
:使用者が、労働者の人事を決定することができる権利

「施設管理権」
:使用者が、その会社内の建物、施設を管理する権利

これらの「経営三権」は、会社の「専決事項」であるといわれています。「専決事項」というのは、会社だけで決められる事項で、労働組合の介入、はたらきかけを許さないということです。

「経営三権」についても団体交渉で議論をかわすこととなると、「誰が会社を経営しているのか」があいまいになってしまいます。厳格な区別が重要です。

注意ポイント

「経営三権」は、使用者側の「専決事項」ですから、団体交渉を経なくても、会社が決定することができます。

むしろ、「経営三権」は、労働組合との団体交渉における議題とすべきではなく、労働組合から議題とすることを求められても、拒否するのが適切な対応です。

「経営三権」に関する交渉(話し合い)は拒否したとしても、「義務的団交事項」についての誠実な交渉に応じれば、「団交拒否(不誠実団交)」の不当労働行為とはなりません。

【経営三権①】業務命令権

「経営三権」の1つ目、「業務命令権」について解説します。

労働者は、会社に雇用されることによって、当然に、会社の指示にしたがって、職務を遂行する義務があります。これは、雇用契約の本質的な内容なので、契約書や就業規則に記載していなくても存在する義務です。

「業務命令」には、本業である仕事をするよう命令するもののほか、残業命令、休職命令、健康診断を受診するよう指示する命令などがあります。

例えば・・・

団体交渉を開催するときに、労働組合(合同労組・ユニオンなど)が、業務時間中に団体交渉を行うよう要望してくることがあります。

しかし、業務時間中は、組合員といえども、雇用契約によって「職務専念義務」を負っていますから、会社が業務を指示・命令すれば、労働者はこれにしたがう必要があります。

【経営三権②】人事権

「経営三権」の2つ目は、「人事権」です。

「人事」には、採用から、配置、異動・配置転換・転勤、評価、昇給・降級、昇格・降格、解雇などが含まれます。

「人事権」とは、会社が労働者の、人事異動などについて決定する権利です。「人事権」の中で、とても重要なのが、「人事評価を行う権利」です。

「人事評価」は、会社側(企業側)による評価であって、会社に大幅な「評価の裁量」が認められています。

  • どのような能力を、会社において重要なものと評価するか
  • どの程度他の従業員と比べて秀でていたら、良い評価とするか

など、人事考課に関することがらは、会社が相当程度自由に決めることができます。労働組合と団体交渉をしたり、同意を得たりする必要はありません。

注意ポイント

原則として「経営三権」として労働組合の介入を許さない「人事権」ですが、例外があります。

労働組合は、管理監督者が所属することができないのが原則ルールであることを逆手にとり、「労働組合員となった社員を管理職としてしまおう」という作戦です。

このような会社側(企業側)の人事に関する行為は、「人事権」であっても違法な不当労働行為となるおそれがあります。

【経営三権③】施設管理権

最後に、「経営三権」の3つ目、「施設管理権」について解説していきます。

「施設管理権」とは、会社側(企業側)が、会社の建物、施設、その中にある物品などを管理するための権利のことをいいます。

労働組合は、会社側(企業側)からの援助なしに活動するものであって、むしろ、会社側(企業側)からの援助は禁止されています。

しかし、労働組合が、団体交渉などによって求めてくる「便宜供与」は例外です。「便宜供与」を認めるかどうか、という点も、「経営三権」の「施設管理権」がある事項については、会社側の自由な判断にゆだねられています。

例えば・・・

労働組合が、組合活動のために、会社内に設置されている掲示板の一部に、組合のビラを貼りたい、という「便宜供与」を求めてくることがあります。

しかし、会社内に設置されている掲示板は、会社の施設です。そのため、会社の「施設管理権」に基づき、その管理は会社側(企業側)の判断で行うことができ、労働組合には介入されません。

したがって、「掲示板を使わせる」という便宜供与を認めないことができます。

会社の経営上の秘密は守られる?

労働組合(合同労組・ユニオンなど)から、団体交渉の場や、団体交渉申入書において、会社の経営上の秘密に関する資料を、開示してほしいと求められることがあります。

確かに、労働組合の申し入れてくる議題を前提とすると、経営上の資料を開示しなければ団体交渉ができない場合もあります。

しかし、会社の経営上の秘密は、守る必要があります。会社側(企業側)としては、労働組合が要求してくる資料を、すべて開示しなければならないわけではありません。

「不誠実団交(団交拒否)」の不当労働行為だといわれないために、団体交渉を誠実に行うにあたって、必要な限度の資料を開示すれば十分です。

注意ポイント

会社の経営状況の悪化を理由に、組合員を「整理解雇」したケースでは、「業務上の必要性」を説明するために、経営資料の開示が必要となるでしょう。

ただ、労働組合が、「経営三権」に影響を与えようとして要求する、経営資料の開示には、応じなくてよいどころか、そもそも団体交渉の議題とすべきでないケースも少なくありません。

団体交渉への対応は、弁護士にお任せください

いかがだったでしょうか?

ここまでお読みいただければ、「『経営三権』をいかに活用して、団体交渉を戦うか。」について、十分理解いただけたのではないでしょうか。

労働組合側の「労働三権」は、憲法という重要な法律に保証されている、非常に強い権利です。

そのため、「労働三権」を振りかざされると、団体交渉では、どのようなことでも労働組合側(労働者側)の思い通りに見えてしまいますが、実際はそうではありません。

「誠実に交渉を続け、ただし、拒否すべきことは拒否する」というのが、会社側(企業側)の団体交渉における正しい姿勢です。

団体交渉への弁護士の参加をお考えの方は、ぜひ、弁護士法人浅野総合法律事務所まで法律相談ください。

FLOW
kaigi
ご相談の流れは、こちらをご覧ください。

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区)では、労働問題と企業法務しています。 会社で、常日頃から問題となる労働問題と企業法務に特化することで、会社を経営する社長、人事労務の担当者の目線に立って、親 ...

続きを見る

弁護士への法律相談予約はこちら

会社側の労働問題は、
弁護士にご相談ください。
経営者の気持ちがわかる弁護士が、
「二人三脚」で親身にお話をききます。
お問い合わせはこちら

-団体交渉・労働組合対応
-

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.