労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

団体交渉・労働組合対応

弁護士は団体交渉に参加・同席すべき?それとも後方サポートのみ?

更新日:

団体交渉を申し入れられてしまったとき、労働組合対応のため、弁護士に依頼をしたほうがよい、というお話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際、当事務所でも、労働問題を得意として取り扱っていますが、団体交渉対応について、会社側(企業側)からご依頼を受けるケースが多くあります。

会社側(企業側)から団体交渉の依頼を受けるとき、「先生も一緒に来てくれませんか?」と、団体交渉への参加(同席)をお願いされることがあります。

よくある法律相談

初回無料相談の法律事務所で、団体交渉は会社が自分でやるべきで、弁護士はアドバイスをするだけ、と聞いた・・・
労働組合から、団体交渉の当事者は会社なので、会社の人だけで来るように言われた・・・
団体交渉に、弁護士に参加・同席してほしいが、参加してもらうことはできるのか・・・
団体交渉に、弁護士が参加・同席するとき、費用が高くならないか心配・・・
団体交渉に弁護士が参加・同席することで、会社側(企業側)に不利な流れにならないか心配・・・

このような法律相談が、弁護士のもとに多く寄せられています。

まず、当事務所では、初回の相談時にお話を聞き、「弁護士が参加・同席したほうがうまくいく団体交渉かどうか。」を検討します。

その上で、当事務所では、できる限り、ご依頼をいただいた団体交渉出席し、会社側(企業側)に有利な解決となるようサポートしています。

注意ポイント

弁護士法人浅野総合法律事務所では、「団体交渉に一緒に参加して、戦ってほしい。」というご要望に、できる限りお答えしています。

ただし、次のような団体交渉については、参加しないこととし、その理由を、会社に事前にしっかりとご説明差し上げます。

  • 弁護士が参加・同席することが、会社側(企業側)にとって不利な流れとなることが明らかな団体交渉
  • 弁護士が参加・同席すると、争いの大きさに対して費用がかかりすぎてしまう団体交渉

そこで今回は、団体交渉に弁護士が参加・同席したほうがよいケースなのか、それとも、後方支援に徹した方がよいケースなのかについて、解説します。

「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ!

団体交渉・労働組合対応

2018/7/26

労働組合対応に強い弁護士が、会社側(企業側)でサポートできる7つのこと

団体交渉を、労働組合から申し入れられたとき、特に合同労組(ユニオン)であれば、多くの同様の労働問題についての団体交渉を経験しているはずです。 そして、過去に何度も団体交渉を経験していることから、労働基準法、労働組合法、労働契約法など、重要な労働法の使い方を熟知しています。 会社側(企業側)としては、労働組合が団体交渉において並べ立てる労働法の条文、労働者の権利について、無知であることがほとんどではないでしょうか。 実は、会社側(企業側)に有利な法律の条文や解釈、裁判例もあるのでしょうが、労働組合から団体交 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/27

団体交渉の「解決の流れ」と「期間」

労働問題が団体交渉に発展した場合には、不用意な対応をする前に、即座に、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。一人でも加入できる社外の合同労組が増加したことから、団体交渉の申入れが事前に予想できない場合もありますが、即座の対応が必須です。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/28

労働組合のストライキ(争議行為)への対応方法は?

ストライキ(争議行為)は、日本国憲法において労働組合に対して保障されている「労働三権」のうちでも、「最終手段」として位置づけられた重要な権利です。 労働組合の権利として認められていることから、会社側(企業側)で労働組合対応を行うとき、ストライキ(争議行為)を行う権利を侵害しないよう慎重な対応が必要となります。 しかし一方で、ストライキ(争議行為)が怖いあまりに、労働組合対応が消極的となってしまうケースも少なくありません。 よくある法律相談 団体交渉の場で労働組合から「ストライキ(争議行為)をする」と言われ ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/9/4

労働委員会とは?労働問題の解決方法(救済申立・調停・あっせん)

労働組合対応・団体交渉対応を行うにあたって、労働委員会と、そこで行われる手続に関する理解は非常に重要となります。 労働委員会で行う手続きによって集団的労使紛争(労働組合と会社との紛争)を解決できることが、労働組合が労使紛争を解決するための大きな手段となるためです。 労使間で起こった紛争が、労働組合、会社との、団体交渉による自主的な話し合いでは解決しきれないとき、労働委員会の手続で解決することには、会社側(企業側)にとっても大きなメリットがあります。 そこで今回は、労働委員会の役割、労働委員会で行われる手続 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/14

労働組合の「ビラまき」は違法?名誉棄損・業務妨害にならない?

労働組合との交渉を進めていくにあたって、労働組合が、「ビラまき(ビラ配布)」や、「ビラ貼付」という組合活動を行うことがあります。 実際にこのような手段に出ることまではしなかったとしても、団体交渉の席上で、「ビラまきを行うことになる」という発言をしてくることがあります。 会社側(企業側)としては、労働組合の権利が手厚く保証されていることを知りながら、まかれるビラの内容によっては、会社に対する名誉棄損・業務妨害になるのではないかと、不安がつのることでしょう。 労働組合(合同労組・ユニオンなど)によるビラまき、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

団体交渉の参加者は?社長、顧問弁護士は参加すべきか

団体交渉のルールは、当事者同士が話し合いながら決めていくものです。団体交渉の参加者を決定するにあたっては、会社が不利になることのないよう、戦略的に検討しましょう。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/11

労働組合から、掲示板・事務所を貸す「便宜供与」を求められたら?

労働組合法で定められている「労働組合」であるためには、会社から自主・独立している団体でなければなりません。 これは、「労働組合」の目的が、労働者側の立場での労働問題の解決にあるため、会社に従属していては、その目的が果たせないためです。 そのため、労働組合法に保護される「労働組合」と認められるためには、会社側(企業側)からの経費援助を受けではいけないこととなっています。 しかし、一定の「便宜供与」は例外であるため、労働組合から、団体交渉で、次のような「便宜供与」を求められることがあります。 例えば・・・ 会 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

団体交渉に参加する会社担当者が準備すべき11のポイント

会社側担当者として団体交渉に参加する以上は、きちんとした準備と心構えをすべきです。団体交渉に、労働問題に強い弁護士が同席する場合であっても、労働組合からの質問に対してすべて弁護士が回答するのは適切でない場合があります。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/9/1

不当労働行為とは?違法行為にならないための会社側の注意点は?

憲法は、労働者の権利について、労働三権(団結権、団体交渉権、団体行動権)を保障し、弱い立場の労働者が結集して労働組合を結成し、会社側(企業側)と交渉することを保護しています。 憲法上の「労働三権」を実効的なものにするために、労働組合法に定められたのが「不当労働行為」です。 よくある法律相談 団体交渉で普通に話をしていたはずが、労働組合から突然「それは不当労働行為だ」といわれた。 労働組合から、「不当労働行為なので、労働組合員を解雇してはならない」といわれた。 不当労働行為について、労働委員会に救済命令を申 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/13

業務時間中の労働組合活動・在籍専従を求められた…会社の対応は?

労働者は、会社に雇用されて、賃金を受け取ることによって、業務時間中は、会社の業務に専念しなければなりません。これを「職務専念義務」といいます。 しかし、会社が労働者を、この「職務専念義務」によって縛ることができるのも、業務時間中(就業時間中)に限られます。 つまり、業務時間中以外は、労働組合の組合活動を行っても、プライベートを満喫しても、会社に迷惑をかけない範囲においては、労働者の自由だ、ということです。 そこで今回は、「職務専念義務」の及ぶ業務時間中(就業時間中)に組合活動をすることを求められたり、「在 ...

ReadMore

弁護士
浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区銀座)、代表弁護士の浅野です。

今回は、団体交渉における、「弁護士のかかわり方」ついて解説していきます。

この解説をお読みいただき、団体交渉弁護士参加・同席させることを希望される方は、ぜひ当事務所にご相談ください。

弁護士に団体交渉の参加(同席)を依頼するときの注意

まず、団体交渉の中で、「弁護士が参加(同席)したほうがうまくいく」ケースの方が多いと考えてよいでしょう。

会社側(企業側)で、団体交渉を多く経験した弁護士であれば、弁護士が参加(同席)したことによって大きく不利になるような発言をすることはないからです。

そこで、弁護士に団体交渉への参加(同席)を依頼するという前提で、その際に注意しておくべきポイントについて、まとめました。

団体交渉の当事者は「弁護士」ではなく「会社」

団体交渉に弁護士が参加(同席)しても、あくまでも弁護士は「アドバイザー」としての参加に過ぎません。弁護士は団体交渉の当事者ではありません。

団体交渉の当事者は、次のとおりです。

  • 労働組合側
    :労働問題の当事者である労働者(従業員)、その他の組合員、上部団体の組合員
  • 会社側(企業側)
    :会社(参加者は、社長、役員、従業員など)

労働組合側に立って、労働者に対してアドバイスを送る上部団体の合同労組(ユニオン)は、団体交渉の当事者として団体交渉に参加しています。

これに対して、会社側(企業側)にアドバイスをする弁護士は、団体交渉の当事者ではありません。

「弁護士任せ」は禁物

弁護士は、団体交渉のアドバイザーであり、当事者ではない、ということをご理解いただけたでしょうか。

そのため、団体交渉で、弁護士に参加・同席してもらったからといって、「全て弁護士任せ」という態度は、感心できません。

次のような状況が続けば、せっかく団体交渉に応じたにもかかわらず、「不誠実団交」と指摘され、嫌な思いをすることでしょう。

注意ポイント

会社側の方が一切発言をせず、団体交渉における全ての説明を弁護士が行っている。
会社側、労働組合の議論を、弁護士が遮ってばかりいる。
労働組合から会社の内情について説明を求められたが、会社側で回答が全くできない。
団体交渉に、そもそも会社の社長、役員、従業員が1人も参加していない。

「一切弁護士に任せている」という交渉態度は、団体交渉の解決を長引かせることともなります。

団体交渉では、弁護士を参加・同席させたとしても、あくまでも法的な考え方、労働法の知識に関するサポートと考えるべきです。

団体交渉に出席した弁護士が「証人」になる

団体交渉における会社側(企業側)の対応について、労働組合が責任追及をする場合があります。

例えば、「不誠実団交(団交拒否)」にあたるとして、労働委員会に「不当労働行為救済申し立て」をするケースがこれにあたります。

団体交渉の席上でおこった問題点について争うためには、団体交渉に参加した人物の証言が重要となります。この意味で、会社側(企業側)で弁護士が参加・同席した場合、重要な証人となります。

弁護士が団体交渉の席上で放った発言が問題視されている場合には、団体交渉以降の戦いについて、弁護士は当事者的な立場となります。

注意ポイント

団体交渉に参加するにあたっては、労働組合対応の経験豊富な弁護士は、発言を慎重に選択しています。

労働組合の中には、団体交渉の様子を「隠し録音」している団体もありますから、「録音されているかもしれない」ことを前提に、発言をしています。

弁護士がいても即決しない

弁護士が、団体交渉に同席していれば、団体交渉の席上でも、法的な立場からのアドバイスをもらうことができます。

実際、団体交渉の席上ですぐに相談できるから。」という理由で、弁護士に労働組合対応をご依頼いただくケースは少なくありません。

しかし、団体交渉で労働組合から質問・要求されたことがらについて、その場で相談できるからといって、「その場で回答しなければならない」わけではありません。

団体交渉に弁護士が参加・同席しても、重要な検討事項については、持ち帰って検討すべきです。

団体交渉は、事前準備が重要です。弁護士に依頼し、十分に準備したにもかかわらず、団体交渉の席上で、さらにアドバイスを聞かなければならない場合には、その場で決めることのできない問題であると考えた方が無難でしょう。

団体交渉への同席を希望なら、弁護士にお任せください

弁護士の中には、団体交渉には出席せず、後方サポートのアドバイスのほうが重要と考える方もいます。ケースに応じた判断であれば、そのような場合も少なくありません。

しかし、当事務所では、団体交渉にひとりで赴く社長の厳しさ、辛さを、よく理解しています。

団体交渉への参加、同席をご依頼いただける場合、企業の労働問題解決ナビを運営している弁護士法人浅野総合法律事務所では、積極的に、団体交渉へ参加してサポートを行っています。

数多くの団体交渉に参加・同席してきたことによって、団体交渉の席上でも、その事案に応じた会社側(企業側)に有利な解決に向け、団体交渉をリードしていくことができます。

FLOW
kaigi
ご相談の流れは、こちらをご覧ください。

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区)では、労働問題と企業法務しています。 会社で、常日頃から問題となる労働問題と企業法務に特化することで、会社を経営する社長、人事労務の担当者の目線に立って、親 ...

続きを見る

弁護士への法律相談予約はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

団体交渉を多く経験した弁護士が、団体交渉に参加・同席する理由と、参加・同席しないケースもあることなどについて、解説してきました。

今回の解説を最後までお読みいただければ、次のことについて、十分に理解を深めて頂けたのではないでしょうか。

まとめ

  • 団体交渉に弁護士が参加・同席する理由、しない理由
  • 団体交渉に弁護士が参加・同席する場合であっても注意しておくべき重要なポイント

団体交渉を、会社だけでうまく進めていくことは難しく、やはり弁護士に参加・同席を依頼したほうがよいと感じて頂けた方もいらっしゃるかもしれません。

団体交渉の初動対応には、会社側(企業側)では時間がないことも少なくありませんが、当事務所では、ご相談予約には、最短で「即日相談」が可能です。

会社側の労働問題は、
弁護士にご相談ください。
経営者の気持ちがわかる弁護士が、
「二人三脚」で親身にお話をききます。
お問い合わせはこちら

-団体交渉・労働組合対応

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.