労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

団体交渉・労働組合対応

団体交渉を行う前に決めておくべき「事前準備」の基本

投稿日:

団体交渉は、お話し合いの手続です。しかし、円満に話し合いできることはむしろ少なく、敵対的な話し合いとなることもあります。

そこで、労働組合との団体交渉を行う前に、基本的なルールについて、労使双方の話し合いをもって決めておくことが必要です。

団体交渉の本題は、あくまでも「労働問題」であって、「手続的なルール」の話し合いは、付随的なものです。

団体交渉の議題が、両者が感情的になって紛糾するおそれの強いものであればあるほど、「手続的なルール」については、付随して争いとならないよう、具体的、かつ、詳細に決めておいたほうがよいでしょう。

「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ!

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

団体交渉の参加者は?社長、顧問弁護士は参加すべきか

団体交渉のルールは、当事者同士が話し合いながら決めていくものです。団体交渉の参加者を決定するにあたっては、会社が不利になることのないよう、戦略的に検討しましょう。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/11

管理職が労働組合に加入…団体交渉を申し入れたときの対応は?

「管理職組合」ということばを聞いたことがあるでしょうか。 労働組合法にいう「労働組合」として、手厚い保護・権利保障を受けるためには、「使用者の利益代表者」は参加してはなりません。会社から独立し、自主性があることが、労働組合の条件だからです。 「使用者の利益代表者」には、役員・管理職などが含まれ、管理職が「管理職組合」などの労働組合に加入して団体交渉を申し入れてきたとき、どのように対応したらよいか、お悩みになるのではないでしょうか。 そこで今回は、会社側(企業側)が、「管理職」と位置付けていた社員が、労働組 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/8

「経営三権」とは?団体交渉によらず会社が決める権利あり!

労働組合との団体交渉に、会社側(企業側)の立場で対応すると、「労働組合(労働者側)が保護されすぎているのではないか。」と不満を口にする社長(経営者)の方がいます。 しかし、労働組合に、憲法、労働組合法などで権利が保障されているように、会社側(企業側)にも「経営三権」が存在するといわれています。 つまり、会社側(企業側)でも、一定の権利については、会社が決めてよいことだとされているという意味なのです。 「経営三権」を理解し、団体交渉における話し合いが「経営三権」を侵害することのないように進めることによって、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/11

チェックオフ協定とは?労働組合がチェック・オフを要求…対応は?

労働組合対応を考えている会社の方は、「チェックオフ」ということばを聞いたことがあるのではないでしょうか。 「チェックオフ」は、会社側(企業側)が、労働組合との間で労使協定を締結することによって行われる、賃金から組合費を控除する制度のことです。 「チェックオフ」を行うことは、会社から労働組合に対する「便宜供与」の一環となり、会社が労働組合を承認したことをあらわす一要素となります。 そこで今回は、「チェックオフ」(チェックオフ協定)の基礎知識と、労働組合から「チェックオフ」を求められた会社側(企業側)の適切な ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/14

労働組合の「ビラまき」は違法?名誉棄損・業務妨害にならない?

労働組合との交渉を進めていくにあたって、労働組合が、「ビラまき(ビラ配布)」や、「ビラ貼付」という組合活動を行うことがあります。 実際にこのような手段に出ることまではしなかったとしても、団体交渉の席上で、「ビラまきを行うことになる」という発言をしてくることがあります。 会社側(企業側)としては、労働組合の権利が手厚く保証されていることを知りながら、まかれるビラの内容によっては、会社に対する名誉棄損・業務妨害になるのではないかと、不安がつのることでしょう。 労働組合(合同労組・ユニオンなど)によるビラまき、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

合同労組(ユニオン)とは?外部の労働組合でも団体交渉の義務あり!

まずは団体交渉の相手方をよく知りましょう。合同労組、ユニオンとはどのような存在か?について解説します。合同労組(ユニオン)は、労働問題の交渉に関するプロであり、労働基準法、労働組合法の知識を熟知しています。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

労働組合の団交申入に対して、会社が回答書に書くべき8つのこと

労働問題に強い弁護士に依頼をすれば、弁護士名義の「回答書」という書面を作成し、回答を送付することとなります。回答書を慎重に記載しなければ、団体交渉拒否などの不当労働行為とされる場合もあります。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/26

労働組合対応に強い弁護士が、会社側(企業側)でサポートできる7つのこと

団体交渉を、労働組合から申し入れられたとき、特に合同労組(ユニオン)であれば、多くの同様の労働問題についての団体交渉を経験しているはずです。 そして、過去に何度も団体交渉を経験していることから、労働基準法、労働組合法、労働契約法など、重要な労働法の使い方を熟知しています。 会社側(企業側)としては、労働組合が団体交渉において並べ立てる労働法の条文、労働者の権利について、無知であることがほとんどではないでしょうか。 実は、会社側(企業側)に有利な法律の条文や解釈、裁判例もあるのでしょうが、労働組合から団体交 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/10

労働組合を結成・加入するメリットは?

労働者側の立場で、労働組合に加入するメリットは多くありますが、最大のメリットは、労働組合の権利が、憲法・労働組合法といった重要な法律で保障されていることです。 会社側(企業側)の立場で、労働組合に対応したり、団体交渉に参加したりするにあたっては、「なぜ、労働者が、労働問題の解決のために、労働組合を選択したのか。」を知っておいてください。 労使の力関係の差をうめるために、集団で戦うことを認めた労働組合ですから、メリットがあるのは当然です。 弁護士に相談する、労働審判、労働訴訟など、その他の戦い方との比較で、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

労働組合加入通知書・労働組合結成通知書で会社が注意するポイント

労働問題がこじれて合同労組・ユニオンに加入されてしまった時点で、会社側としては不利な状態からのスタートとなります。今後団体交渉を行うこととなる、という前提のもと今後の対策をしましょう。

ReadMore

弁護士
浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、弁護士の浅野です。

当事務所では、団体交渉への対応、同席を多く取り扱っています。

団体交渉に数多く対応することにより、一般的な団体交渉のルールを知ることができます。手続的なルールについては、労働組合にも受け入れてもらいやすい、ごく一般的なものとするのがよいでしょう。

最初の団体交渉より事前に決めなければならない

「団体交渉の手続的なルールについて話し合いで決めておかなければならない」と聞いて、「団体交渉の場で、決めればよい。」と考える会社もあるのではないでしょうか。

しかし、団体交渉の手続的なルール、すなわち、本題となる「労働問題」以外の決まりごとについては、第1回団体交渉より事前に決めておくべきです。

第1回、第2回と回数を重ねていくごとに、既に行われてきた慣行が、その後の団体交渉におけるルールとされてしまうおそれがあるからです。

例えば・・・

労働組合(合同労組)から、突然、団体交渉の申し入れを受けました。

すぐに団体交渉をしなければ違法となる、と書面に記載してあったので、会社内の会議室に、その日の業務時間中に労働組合を招き、団体交渉を行いました。

その後、団体交渉は、会社の会議室で業務時間中に行うことが続いていて、拒否したいですができません。他の社員にも知られるようになり、業務に支障が出ています。

まず「団体交渉に応じるべきかどうか」を検討しなかった、という問題点もありますが、上の例では、最初に決めたルールが、その後の団体交渉にも影響してしまっています。

団体交渉のやり方や、細かいルールは、最初の団体交渉に応じる前に、事前に決めておくべきであることを、よく理解いただけるのではないでしょうか。

団体交渉の手続的なルールは、話し合いで決まります。会社側(企業側)から提案する案は、会社側(企業側)にとって有利なものにしましょう。

団体交渉を行う前に決めておくべき事項は?

では早速、団体交渉を行う前に、決めておくべき事項について、順番に解説していきます。

なお、一度許した条件について、変更をするためには、労働組合を説得する必要が生じてきます。

ここでまとめた団体交渉前に決めておくべき事項について、決定するときには、次の3点に配慮してください。

ポイント

  • 会社側(企業側)の業務に支障が生じない条件であること
  • 会社側(企業側)にとって有利な条件であること
  • 労働組合(合同労組・ユニオン)の権利を侵害したり、不当労働行為になったりしない条件であること

団体交渉の開催場所

団体交渉の開催場所について、「どこで団体交渉を開催するか」を、団体交渉を行う前に決めておきましょう。

団体交渉の開催場所の候補には、次のような検討が必要です。

ポイント

  • 労働組合側に有利な「団体交渉の開催場所」
    :労働組合事務所内の会議室、会社内の会議室
  • 会社側が提案すべき「団体交渉の開催場所」
    :社外の第三者的な会議室

労働組合は、会社内の施設を利用して団体交渉を行うことを指定してくる場合がありますが、会社内の施設を無償で貸す必要はありません。

他の従業員に、労働問題が発生していることを知られるなど、業務に支障が生じる不都合もあります。

基本的には、労働組合といえども社外の者ですから、会社外で交渉をします。また、会社内の会議室ですと、終了時刻も決めづらい側面があります。

注意ポイント

労働組合の「会社内の会議室で行いたい。」という要求に対しては、「会議室があいていない。」「予定が入っていて利用できない。」といった理由で拒否しましょう。

この理由であれば、一度は会社内での団体交渉に応じてしまったとしても、第2回以降の団体交渉を会社外に誘導できます。

団体交渉の費用負担

団体交渉を、社外の第三者的な場所で行うこととなると、開催場所の費用負担が発生します。

団体交渉を行う前に、団体交渉の費用負担、すなわち、「誰が、団体交渉の会場費用を支払うか。」を決めておきましょう。

団体交渉の費用負担は、団体交渉を開催する場所の決定と密接にかかわってきます。団体交渉の開催費用は、会社側(企業側)が負担します。

団体交渉の費用を労働組合に負担させると、費用がかかることを理由に「会社内の会議室」、「労働組合事務所内の会議室」など、労働組合側に有利な場所に誘導されるスキを与えます。

団体交渉の開催日

karenda

団体交渉の開催日が決まらなければ団体交渉を行うことはできませんから、団体交渉を行う前に決めておくのは当然です。

通常、労働組合から団体交渉を申し入れられた際に、団体交渉の開催日がすでに指定されていることが多いです。

ポイント

  • 労働組合側に有利な「団体交渉の開催場所」
    :できるだけ直近の日程
  • 会社側が提案すべき「団体交渉の開催場所」
    :会社側(企業側)に有利な参加者の予定、同席する弁護士の予定に合わせた日程

労働組合の指定してきた開催日程にしたがう必要はありませんが、応じられない場合には、早めに再調整をお願いして、話し合いをする意思を示しましょう。

参加者の予定が合わなければ仕方ないことではありますが、あまりに先延ばしすると、「団交拒否」にあたるおそれがあります。

団体交渉の時間帯

労働組合が、団体交渉の日程を指定するとともに、時間帯についても指定してくることが一般的です。

労働組合は、団体交渉を、業務時間中に行うことを指定してきます。労働組合といえども、業務時間外にまで、団体交渉をするのは負担になるのでしょうか。

しかし、会社側(企業側)としては、業務時間内は、組合員といえども会社の業務を行ってもらう必要があります。

会社側(企業側)からは、業務時間外(主に、夜の時間帯)を指定することが一般的です。

団体交渉の時間数

団体交渉を行う時間数もまた、団体交渉を行う前に決めておかなければなりません。時間数を決めておかないと、終わりのない泥沼となりかねません。

労働組合(合同労組・ユニオンなど)から送られてくる団体交渉申入書には、開始時間が書いてあるものの、終了時間が書いていないことがあります。終了時間を書かないほうが、労働者側に有利だからです。

会社側(企業側)としては、短ければ短いほどいいのはやまやまですが「不誠実団交」といわれないよう、2時間程度の時間を区切ることが一般的です。

団体交渉の次回の決め方

団体交渉は、1回で終わることはあまりありません。何度かの話し合いを繰り返して、労働問題の解決を目指すものです。

団体交渉の、次回日程の決め方には、次のような例があります。

  • 前回の団体交渉の終了時に、双方のスケジュールを調整して次回日程を決める。
  • 団体交渉の合間に、ファックス、電話などによって次回日程を決める。

団体交渉の参加者(出席者)

団体交渉の参加者(出席者)について、労働組合法をはじめとした法律には、決まりはありません。

そのため、団体交渉の参加者(出席者)についても、労使双方の話し合いで、団体交渉がはじまる前に決めておきます。

労働組合(合同労組・ユニオンなど)は、団体交渉に、社長(代表者)が出席することを要求してきますが、したがう方がよいかはケースによります。

必ずしも、社長が参加しなければならないのではないですが、権限が全くない参加者ばかりですと「団交拒否」となるおそれがあります。

団体交渉の参加者(出席者)について、どのような配慮をすると会社側(企業側)の有利に団体交渉を進めることができるかについては、次の解説を参考にしてください。

参 考
団体交渉の参加者は?社長が参加すべき?について、こちらをご覧ください。

団体交渉のルールは、当事者同士が話し合いながら決めていくものです。団体交渉の参加者を決定するにあたっては、会社が不利になることのないよう、戦略的に検討しましょう。

続きを見る

団体交渉の労働組合側の参加者が多すぎて収集がつかなくならないよう、人数についても事前に決めておくとよいでしょう。

団体交渉を録音するかどうか

団体交渉の内容を証拠に残すために、団体交渉を録音することがあります。

この場合、そもそも団体交渉を録音するかどうか、録音するとして、録音を労働者側、使用者側のいずれが行うかを決めておきましょう。

団体交渉の議事録を作成するかどうか

団体交渉の内容を証拠に残すために、団体交渉の議事録を作成することがあります。

この場合、そもそも団体交渉の議事録を作成するか、作成するとして、議事録を労働者側、使用者側のいずれが行うかを決めておきましょう。

注意ポイント

労働組合(合同労組・ユニオンなど)が、自分たちが作成した団体交渉の議事録に、署名をするよう求めてくることがあります。

団体交渉の内容を、一言一句間違うことなく書き起こした内容であればまだしも、労働組合が自分の考えにしたがってまとめた議事録に署名をすることはお勧めできません。

労働組合が提示して、署名を求める書面は、その後に「労働協約」と評価され、非常に強い効力を持つことがあるからです。

団体交渉の事前準備は、弁護士にお任せください

いかがでしたでしょうか。

ここまでお読みいただければ、「労働組合から申し入れられた団体交渉を行う前に、決めておかなければならないこと」について、ご理解いただけたことでしょう。

労働組合から申し入れられた団体交渉では、「労働問題」について集中して話し合うべきで、「開催場所」、「開催時間」など、付随的な問題があらたな争点となることはお勧めできません。

労働問題の早期解決のため、団体交渉開始よりも事前に決めておけるところは、早めに、かつ、会社側(企業側)に有利な内容に決めておきましょう。

団体交渉への弁護士の参加をお考えの方は、ぜひ、弁護士法人浅野総合法律事務所まで法律相談ください。

FLOW
kaigi
ご相談の流れは、こちらをご覧ください。

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区)では、労働問題と企業法務しています。 会社で、常日頃から問題となる労働問題と企業法務に特化することで、会社を経営する社長、人事労務の担当者の目線に立って、親 ...

続きを見る

弁護士への法律相談予約はこちら

会社側の労働問題は、
弁護士にご相談ください。
経営者の気持ちがわかる弁護士が、
「二人三脚」で親身にお話をききます。
お問い合わせはこちら

-団体交渉・労働組合対応

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.