労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

団体交渉・労働組合対応

管理職が労働組合に加入…団体交渉を申し入れたときの対応は?

投稿日:

「管理職組合」ということばを聞いたことがあるでしょうか。

労働組合法にいう「労働組合」として、手厚い保護・権利保障を受けるためには、「使用者の利益代表者」は参加してはなりません。会社から独立し、自主性があることが、労働組合の条件だからです。

「使用者の利益代表者」には、役員・管理職などが含まれ、管理職が「管理職組合」などの労働組合に加入して団体交渉を申し入れてきたとき、どのように対応したらよいか、お悩みになるのではないでしょうか。

そこで今回は、会社側(企業側)が、「管理職」と位置付けていた社員が、労働組合に加入したり、団体交渉を申し入れたりしてきたとき、応じなければならないのかについて、弁護士が解説します。

「団体交渉・労働組合対応」のイチオシ解説はコチラ!

団体交渉・労働組合対応

2018/7/26

派遣労働者と団体交渉する義務アリ?派遣先の組合対応の4ポイント

派遣労働者の加入した労働組合から、労働組合結成通知書、団体交渉申込書への、派遣先会社の対応の解説。派遣先も、申込みなし制度の適用となる場合、労働条件を支配している場合等一定の場合、派遣社員からの団体交渉に応諾する義務があります。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/10

労働組合を結成・加入するメリットは?

労働者側の立場で、労働組合に加入するメリットは多くありますが、最大のメリットは、労働組合の権利が、憲法・労働組合法といった重要な法律で保障されていることです。 会社側(企業側)の立場で、労働組合に対応したり、団体交渉に参加したりするにあたっては、「なぜ、労働者が、労働問題の解決のために、労働組合を選択したのか。」を知っておいてください。 労使の力関係の差をうめるために、集団で戦うことを認めた労働組合ですから、メリットがあるのは当然です。 弁護士に相談する、労働審判、労働訴訟など、その他の戦い方との比較で、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/8

団体交渉で、会社がやってはいけない禁止事項の基本

団体交渉を行うにあたっては、会社側(企業側)で気を付けておかなければならないポイントが多くあります。 特に、労働者側(労働組合側)が、労働組合法によって保護されていることから、会社側(企業側)で留意しなければならないのは「やってはいけないこと(禁止事項)」です。 そこで、弁護士が、労働組合(合同労組・ユニオンなど)と団体交渉を行う会社の、やってはいけない禁止事項について、対応方法を踏まえて解説します。 「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ! 目次1 労働組合の要求に「応じなければならない」と考えない2 団体 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/9

団体交渉の申し入れが来たらやるべき基本と、相談タイミング

労働組合(ユニオン・合同労組など)から、団体交渉の申し入れがきたときの、会社側(企業側)の適切な対応方法について、弁護士が、順番に解説していきます。 労働組合対応についての解説は、会社側(企業側)の代理人として交渉をすることができる、弁護士による正しい解説を参考にしてください。 今回は、まずはじめに、申し入れがきたときすぐにやるべき基本的なことを解説します。 会社側(企業側)の方がお悩みの、「いつ弁護士に相談したらよいのでしょうか?」という、相談タイミングについての質問についても、わかりやすく解説します。 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

団体交渉を打ち切っても不誠実団交にならない6つの打ち切り方

団体交渉では誠実に交渉する義務があり、違反すれば団交拒否、不誠実団交などの不当労働行為となりますから、会社の適切な対応は、まずは労働組合との間で協議を実施し、話し合うことです。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

労働組合の団交申入に対して、会社が回答書に書くべき8つのこと

労働問題に強い弁護士に依頼をすれば、弁護士名義の「回答書」という書面を作成し、回答を送付することとなります。回答書を慎重に記載しなければ、団体交渉拒否などの不当労働行為とされる場合もあります。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

団体交渉の参加者は?社長、顧問弁護士は参加すべきか

団体交渉のルールは、当事者同士が話し合いながら決めていくものです。団体交渉の参加者を決定するにあたっては、会社が不利になることのないよう、戦略的に検討しましょう。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/11

チェックオフ協定とは?労働組合がチェック・オフを要求…対応は?

労働組合対応を考えている会社の方は、「チェックオフ」ということばを聞いたことがあるのではないでしょうか。 「チェックオフ」は、会社側(企業側)が、労働組合との間で労使協定を締結することによって行われる、賃金から組合費を控除する制度のことです。 「チェックオフ」を行うことは、会社から労働組合に対する「便宜供与」の一環となり、会社が労働組合を承認したことをあらわす一要素となります。 そこで今回は、「チェックオフ」(チェックオフ協定)の基礎知識と、労働組合から「チェックオフ」を求められた会社側(企業側)の適切な ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/26

労働組合対応に強い弁護士が、会社側(企業側)でサポートできる7つのこと

団体交渉を、労働組合から申し入れられたとき、特に合同労組(ユニオン)であれば、多くの同様の労働問題についての団体交渉を経験しているはずです。 そして、過去に何度も団体交渉を経験していることから、労働基準法、労働組合法、労働契約法など、重要な労働法の使い方を熟知しています。 会社側(企業側)としては、労働組合が団体交渉において並べ立てる労働法の条文、労働者の権利について、無知であることがほとんどではないでしょうか。 実は、会社側(企業側)に有利な法律の条文や解釈、裁判例もあるのでしょうが、労働組合から団体交 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/14

労働組合の「ビラまき」は違法?名誉棄損・業務妨害にならない?

労働組合との交渉を進めていくにあたって、労働組合が、「ビラまき(ビラ配布)」や、「ビラ貼付」という組合活動を行うことがあります。 実際にこのような手段に出ることまではしなかったとしても、団体交渉の席上で、「ビラまきを行うことになる」という発言をしてくることがあります。 会社側(企業側)としては、労働組合の権利が手厚く保証されていることを知りながら、まかれるビラの内容によっては、会社に対する名誉棄損・業務妨害になるのではないかと、不安がつのることでしょう。 労働組合(合同労組・ユニオンなど)によるビラまき、 ...

ReadMore

弁護士
浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、弁護士の浅野です。

当事務所では、労働組合対応を得意としています。「管理職」が団体交渉を申し入れてきたとき、応じなければならないかは、法律の専門知識を踏まえた判断が必要です。

「管理職組合」とであっても、団体交渉に応じなければ「団交拒否」の不当労働行為となることもあるため、注意してください。団体交渉への対応にお悩みの会社は、ぜひご相談ください。

管理職との団体交渉の【基本】

労働組合法では、「使用者の利益代表者」が加入している団体は、「労働組合」ではないこととされています。

「労働組合から団体交渉を申し入れられたら、誠実に応じなければならない」というルールの根拠は、労働組合法にさだめる「不当労働行為」にあります。

そのため、労働組合法にいう「労働組合」でない団体であれば、受領した団体交渉申入書に対応しなくても「団交拒否(不誠実団交)」の不当労働行為にはなりません。

しかし「使用者の利益代表者」にあたるかどうか?は、会社が判断するわけではありません。会社側(企業側)が、「部長」職につけ、「管理職」として扱っても、労働組合法の「使用者の利益代表者」にあたらない場合があります。

最終的な判断は、都道府県労働委員会、裁判所など、中立公正の立場にある機関が判断することとなります。

注意ポイント

以上のことから、会社側(企業側)の一方的な判断で、「管理職だから、団体交渉には応じなくても良い」と一律に判断することは、非常に危険です。

管理職でも団体交渉に応じるべきケース

一般的な会社の定め方では、「課長職以上」(課長、部長、役員など)を「管理職」と位置付けることが一般的ではないでしょうか。

これに対して、労働組合法で「使用者の利益を代表する者」にあたる「管理職」は、「人事権をもつ監督的地位にある者」とされています。

したがって、「人事権をもつ監督的地位にある者」にあたらなければ、労働組合法上は「管理職」ではなく、その加入・結成した労働組合との間で、団体交渉に応じなければなりません。

「使用者の利益を代表する者」であるかどうかは、「役職名」、「会社におけるポジション」などの形式的な名称ではなく、実質で判断します。

管理職との団体交渉に応じなくてよいケース

「使用者の利益を代表する者」に該当する管理職の社員が、加入・結成した団体は、労働組合法における「労働組合」ではありません。

労働組合法に定められている「使用者の利益を代表する者」は、「管理職」の中でも、上級に位置する管理者であって、人事権などを有する者がこれにあたります。

会社から独立して、自主的に運営できる組合でなければ、労働問題の解決という趣旨に沿わないからです。

人事権を有する上級管理職などが、労働組合法にいう「使用者の利益を代表する者」にあたり、管理職とされても、あくまでも補助的な職務にとどまるなら、これにあたりません。

もっと詳しく!

「使用者の利益を代表する者」が加入する団体は、労働組合法にいう「労働組合」ではありませんが、組織をつくること自体は認められます。

労働組合法に定められた保証をうけられないだけで、憲法に保障された「労働三権」(団結権、団体交渉権、団体行動権)があるためです。

管理職の加入する「合同労組・ユニオン」

労働組合法において「使用者の利益を代表する者」が参加している場合には、「労働組合」と認められないことから、社内の労働組合の場合、管理職は加入できないこととなっているのが一般的でした。

この場合、出世をして管理職になったときは、その労働者は、社内の労働組合から脱退することになります。

しかしその後、会社の外にあって、労働者1人からでも加入できる合同労組(ユニオン)が活発に、労働者保護の組合活動をしはじめました。

この合同労組(ユニオン)の場合には、会社側(企業側)が決めた「管理職かどうか」にとらわれず、労働者であれば、加入することを許すのが通常です。

そのため、事業場や会社の単位にとらわれない、「管理職組合」を標榜する合同労組(ユニオン)が登場し、会社へ団体交渉の申し入れをするようになったわけです。

いわゆる「管理職組合」の合同労組(ユニオン)は、管理職のみで構成される場合であっても、管理職と一般の労働者とが混在する場合であっても同様です。

管理職組合との団体交渉は、弁護士にお任せください

いかがでしたでしょうか?

管理職として、重要な職務をあたえていた社員が、団体交渉の申し入れをしてくると、とても驚き、「裏切られた・・・」という感想を抱く社長も多くいます。

しかし、管理職として重要な役職につけていたからといって、不平不満がないとは限りません。そして、労働組合法上は、たとえ会社が管理職と扱っていても、「労働者」であって、団体交渉に応じるべき場合が少なくありません。

管理職であると、一般的に給与も高く、与えている仕事も会社にとって重要な機密が多いことでしょう。団体交渉が決裂した場合のリスクも大きいものになります。

会社側(企業側)にとって、経営上重要な課題となる、管理職組合の団体交渉について、「失敗できない団交」は、ぜひ、弁護士にお任せください。

FLOW
kaigi
ご相談の流れは、こちらをご覧ください。

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区)では、労働問題と企業法務しています。 会社で、常日頃から問題となる労働問題と企業法務に特化することで、会社を経営する社長、人事労務の担当者の目線に立って、親 ...

続きを見る

弁護士への法律相談予約はこちら

会社側の労働問題は、
弁護士にご相談ください。
経営者の気持ちがわかる弁護士が、
「二人三脚」で親身にお話をききます。
お問い合わせはこちら

-団体交渉・労働組合対応

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.