東京都新宿区・四ツ谷の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 答弁書

民事訴訟において、原告が訴訟提起の際に提出した訴状に対して、訴状記載の事実に認否を行い、訴状記載の主張に対して反論を行うために提出する書面を、答弁書といいます。

また、労働法務の分野では、訴訟だけでなく労働審判で会社側が提出する書面も「答弁書」といいます。

労働審判では、労働者側が申立をしますので、会社側は答弁書を作成することとなります。
民事訴訟の答弁書は、ごく形式的な答弁にとどまる場合もありますが、労働審判の答弁書は、これが最初で最後の書面による反論であるケースも多いため、最重要書面と覚悟して記載するようにしましょう。

労働審判で会社側が残業代請求問題を争う際の答弁書の書き方とポイント

残業代請求を労働審判によって争う場合に、会社側が作成、提出すべき答弁書の書き方とポイントについて解説します。労働審判で残業代を争うことを検討している会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労働審判会社側残業代請求答弁書労働問題弁護士東京

労働審判で会社側が不当解雇問題を争う際の答弁書の書き方とポイント

解雇の有効性を労働審判によって争う場合に、会社側が作成、提出すべき答弁書の書き方とポイントについて解説します。労働審判への対応にお困りの会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労働審判不当解雇争い答弁書書き方ポイント会社側弁護士労働問題東京

労働審判で会社側が答弁書を記載するときの基本的な書き方とポイント

会社側が労働審判で争うにあたって、適切な答弁書を作成、提出するために注意すべきポイントを解説します。労働審判への対応にお悩みの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労働審判基本答弁書書き方ポイント労働問題会社側弁護士東京

労働審判の期日の決定・変更│時間的余裕ない会社側の準備と対応

労働審判の日程は、申立人と裁判所の都合で決定されるところ、決定的に重要な事実認定の場である第1回期日まで、会社側の準備の時間的余裕はあまり残されていません。労働審判委員選任の後は、たとえ依頼した使用者側の弁護士の都合がつかないとしても、労働審判日程の変更には裁判所も応じてくれません

労働審判の期日の決定・変更│時間的余裕ない会社側の準備と対応

労働審判の答弁書、記載事項の基本と提出期限

労働審判の答弁書の期日と書き方について解説します。事実に関する認否、会社の法的主張を記載することとなりますが、会社の法的主張を適切に記載するためには、労働法に関する正しい理解と、判例・裁判例に対する適切な情報収集が必要となります。

労働審判の答弁書、記載事項と提出期限

労働審判を起こされた会社がすぐにすべき4つのこと

浅野総合法律事務所では、労働審判へのスピーディな対応を得意としております。労働審判を申し立てられたことが、裁判所の送達によって判明したときには、答弁書の締切まであまり期間が長くないことが多く、会社側の準備期間は非常に限定的です。

労働審判を起こされた会社がすぐにすべき4つのこと
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.