圧迫面接とは?

用語集
圧迫面接とは、採用の面接において、面接官や人事担当者、会社の経営者が、求職者に対して威圧的な態度をとったり、意図的に批判的な質疑応答を行うなどの方法によって、求職者に対してストレスを与え、これに対する対応を判断材料とする面接手法のことをいいます。

ストレス体制や、予想外の事態に対する対応力、機転を見るという目的で利用されるようになった、日本独自の面接手法です。

圧迫面接のメリット

業務においては、トラブル対応、お客様からのクレーム対応など、労働者に一定のストレスがかかることが多いため、ストレス耐性や予想外の事態に対する対応力、機転を見るという目的で、圧迫面接は一定の効果を発揮します。

圧迫面接のデメリット

圧迫面接を行っていることが話題になった場合、「ブラック企業」などと有名になり、逆に求職者が御社を避けるおそれがあります。

したがって、「いじわる」「嫌がらせ」で圧迫面接を行っていると感じられてしまうと、圧迫面接を行ってしまったことが不利に働く可能性があり、注意が必要です。したがって、履歴書を破る、人格否定的な発言を行うなど、業務上の対応力を見るという目的から明らかに逸脱した圧迫面接を行うことは避けた方がよいでしょう。

労働問題・企業法務のお悩みは、弁護士へご相談下さい!

労働審判、団体交渉、就業規則、問題社員への対応など、使用者側の労働問題は、経験とノウハウが重要な、非常に難しい法律分野です。

会社を経営していくにあたり、労働者との交渉は避けられませんが、一度トラブルとなれば、致命的ダメージとなるケースもあります。弁護士に頼らずに社長自身で解決するとなると、莫大な時間とエネルギーが必要です。

労働問題に特化した解決実績の豊富な弁護士が、労働法を使って会社を守り、継続的に発展していく方法について、詳しく解説いたします。