東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。

トップページ1

  • HOME »
  • トップページ1

あなたの会社に「問題社員」はいませんか?

「問題社員」とは、労働者に認められた権利以上の過剰な請求をし、労働の義務は果たさない社員をいいます。

ブラック企業が社会問題化する一方で、労働者の権利意識が高まり、過剰な要求をする従業員が増加しました。

労働審判、団体交渉などの手段によって、不当解雇、残業代、パワハラなどの請求を行いますが、労働法が労働者を保護するために作られていることから、会社側の対応は、より一層慎重を期さなければなりません。

特にご相談の多い労使紛争は、次のようなものです。

  • 問題社員を解雇したら、不当解雇だといわれて労働審判を起こされた。
  • 残業代は基本給に含まれていると思っていたが、未払いだという弁護士からの通知が届いた。
  • 社長がパワハラを行ったとして労働訴訟を起こされた。
  • 長時間労働を強制されメンタルヘルスと主張されたが、確認の手段がない。

労使関係の紛争を迅速に解決すべく、本サイトでは、会社側(使用者側)の立場から、正しい法知識を提供し、労働者の過剰な要求から経営者、社長を守るべく、使用者側が労働問題を戦うための知識、経験のサポートをいたします。

当事務所では、使用者側、労働者側、いずれの立場からも労働問題を数多く担当してきた実績から、労働問題を得意とする弁護士が、その習得した経験とノウハウを提供します。

労働問題・企業法務のお悩みは、弁護士へご相談下さい!

労働審判、団体交渉、就業規則、問題社員への対応など、使用者側の労働問題は、経験とノウハウが重要な、非常に難しい法律分野です。

会社を経営していくにあたり、労働者との交渉は避けられませんが、一度トラブルとなれば、致命的ダメージとなるケースもあります。弁護士に頼らずに社長自身で解決するとなると、莫大な時間とエネルギーが必要です。

労働問題に特化した解決実績の豊富な弁護士が、労働法を使って会社を守り、継続的に発展していく方法について、詳しく解説いたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6274-8370 8:00 ~ 23:00 (土日・祝日も対応可)

PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.