東京都新宿区・四ツ谷の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 残業代

労働者が所定労働時間ないし法定労働時間を超えて働いた場合や、休日や夜間に働いた場合には、残業代(割増賃金)を支払わなければならない義務が会社に生じます。

残業代を支払わずに労働をさせることは、タダで労働をさせることができることから、利益が大きくなりますから、麻薬のような依存性がありますが、後になって大金を支払わなければならない可能性があるため、注意が必要です。

労働審判や訴訟では、法律、裁判例と証拠に基づいて客観的な判断がされることから、「業界的に暗黙のルールであるから仕方ない。」といった会社の主張が認められない可能性があり、日頃から注意を怠らないようにしましょう。

労働審判で会社側が残業代請求問題を争う際の答弁書の書き方とポイント

残業代請求を労働審判によって争う場合に、会社側が作成、提出すべき答弁書の書き方とポイントについて解説します。労働審判で残業代を争うことを検討している会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労働審判会社側残業代請求答弁書労働問題弁護士東京

固定残業代制を会社が廃止すべき理由!ブラック企業と言われないために

会社が固定残業代制度を廃止すべき最近の流れについて解説します。ブラック企業といわれないためにも、適切な方法によって残業代対策を行いたい会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

固定残業代制度手当残業代廃止ブラック企業労働問題弁護士東京会社側

残業代を含む手当の支払を有効とするため、固定残業手当を支払う際のポイント

労働者からの残業代請求に対して固定残業手当の支払で対応するために、会社が注意すべきチェックポイントを解説します。残業代制度について疑問、不安のある会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

残業代請求固定残業手当有効性要件会社側労働問題弁護士東京

弁護士が教える!残業代未払で労基署から是正勧告を受けた会社側の対処方法と報告

突然労働基準監督署から是正勧告を受けると、初めて経験だと焦って冷静な対応ができないため、専門家によるアドバイスが必要不可欠です。労基署から残業代未払いを理由に是正勧告を受け、対応に苦慮する場合には、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

残業代未払い労基署是正勧告対応方法東京労働問題会社側弁護士

元社員から内容証明を受け取った場合の対処法!交渉開始前の弁護士への相談方法

元社員から内容証明郵便の送付を受けた会社の対処法と、交渉開始前に労働問題に強い弁護士へ相談する方法を解説します。元社員から内容証明郵便を受領した場合、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

元社員内容証明郵便対応方法弁護士注意点

持ち帰り残業にも残業代の支払が必要?長時間の持ち帰り残業の黙認は危険!

持ち帰り残業も労働時間となる可能性があり、この場合会社での労働時間と合わせて法定労働時間を超える場合には、持ち帰り残業に対する残業代の支払が必要です。残業代を含めた労務管理に疑問、不安がある場合は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談下さい。

持ち帰り残業長時間残業残業代請求

飲食店店長の残業代につき、固定残業代と管理職扱いの適切な運用

飲食店の店長の残業代につき、固定残業代と管理職扱いの適切な運用を解説。店長であるという事実だけで残業代を支払わなくてよいわけではありません。むしろ一般の従業員よりも給与が高めに設定されていることから、いざ未払い残業代が問題となると、一般の従業員に比しても多額の未払い残業代が生じる。

飲食店店長管理職固定残業代適切

美容業界のスタッフは請負か雇用か?という問題

美容業界のスタッフは、雇用形態が曖昧で、請負か雇用かがわからないことが往々にしてあります。実態としても請負であれば結構ですが、実態は雇用であるのに請負ということにして労働法の適用を免れようという手口は、実際には困難です。最終的に訴訟などで労働者性が争われた場合には、実態が判断の対象となります。

美容請負雇用

美容業界(エステ・美容室など)における残業代に対する意識

美容業界の経営者は、特に残業代に対する意識が甘いケースが多いです。労働基準法上の原則論を言ってしまえば、雇用契約で決めた時間から1分でも多く働かせれば、残業代が生じるのです。労働法への遵守を意識せずに、上記の要望だけ通そうと思えば、いざ退職者からの残業代請求がなされた場合に、多額の残業代を支払う義務が生じかねません。

美容業界残業代

労働者の主張する残業時間数を適法に削減する方法

労働法上、賃金や残業代の支払いが義務付けられる「労働時間」の定義と、その労働時間を削減して残業代を効率的に減額する方法を解説します。労働法上の「労働時間」は、必ずしも一般的な用語として使われる労働時間とは異なることを意識し、無駄な残業代、残業時間は節約しましょう。

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.