東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 若者雇用促進法

若者雇用促進法は、若者の雇用促進と職場環境・労働条件の向上を目的として、平成27年10月1日(一部は平成28年3月1日)より施行された法律です。

この若者雇用促進法により、労基法違反を繰り返したり求人詐欺を行ったりした企業をハローワークの求人から排除すると共に、一定の求人情報の開示を義務付けることによって、会社の求人詐欺を防止する制度の導入がなされています。

求人詐欺のブラック企業と言われないために会社が行うべき5ポイント

「求人詐欺」を行うブラック企業であるとのレッテルを貼られれば、本年度の求人に失敗することはもちろん、顧客の不買運動、信頼の低下による取引停止、株価下落等、思わぬ不利益を受けるおそれがあり、慎重な対策が必要です。

求人詐欺ブラック企業対策
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.