東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : タイムカード

タイムカードとは、労働者がその労働時間(始業時刻、終業時刻)を正確に示すために、会社が労働者に対して打刻を命令するものをいいます。

残業代請求の労働審判、訴訟において、タイムカードが一番の証拠として重要視されます。したがって、タイムカードがある場合には、原則として実労働時間はタイムカードに従って計算されることとなり、これに反する場合、すなわち、タイムカードがその労働者の実労働時間を正しく反映していないと主張する場合には、その主張の理由が求められます。

それほどにタイムカードは強い証拠力を有する資料であることから、会社側が労働者の求めに応じてタイムカードを提出しなかった場合に、これを違法であると判断した地裁裁判例もあるため、注意が必要です。

残業代を削減する適切な労働時間把握の義務と方法

労働時間を把握する義務は会社側(使用者側)に課せら、労働時間把握として適切な方法は厚生労働省の指針に明らかとされています。労働者から残業代請求の内容証明、労働審判、訴訟等がなされたとき、会社側が労働時間把握の義務を果たしていないと不誠実かつ不利な評価をされるおそれがあります。

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり。有効となる方法は?

残業代の定額払いは、労働法の判例、裁判例においては、無効とされるリスクが高い。適切に制度を実施していれば、未払い残業代を請求される余地はないものの、実際には残業代が固定であることに託けて、違法に残業代を支払っていない会社もあるため、注意が必要です。

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?

会社には労働時間を適切に把握して残業代を支払い義務があり、労働時間を適切な方法で把握、管理し、算出された残業代を支払わない場合には、後になって労働者から労働審判、訴訟等で争われた場合に、高額の残業代支払を義務付けられるおそれがあります。

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?

残業代請求の労働審判で会社の主張すべき減額の法理論6ポイント

労働審判で割増賃金(残業代)を請求された場合、その金額が適切な算出方法に従って計算されているか、客観的証拠が存在するか、そもそも残業代が発生する場合か、といった多くの検討を、第1回期日までの限られた時間内に行う必要があります。

労働審判(残業代請求)会社の主張すべき残業代減額の法理論6ポイント
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.