東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 職務専念義務

職務専念義務とは、労働者が会社に対して負う、会社の職務に専念すべき義務です。

「専念」という文字の通り、専ら業務ばかりをすべき義務ですが、必ずしも一分一秒たりとも業務以外の活動をしてはらないという意味ではかならずしもありません。

「常識的な範囲内で」というイメージですが、社会通念上相当であり、業務遂行に支障がない範囲においては、ある程度のプライベート活動は、「従業員」の前に「人間」ですから、ある程度は仕方のないことです。

「出勤不良」を理由に「普通解雇」する際の手続きと、適切な解雇方法

出勤不良を理由に会社が問題社員を普通解雇する際の手続きと、適切な解雇方法について解説します。出勤不良の問題社員への対応にお悩みの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

出勤不良普通解雇問題社員会社側労働問題弁護士東京

タバコ休憩の多い社員に対し、不公平感ない喫煙休憩の適切な処遇?タバコ休憩禁止は違法?

タバコ休憩に対する適切な処遇はどのようなものであるか、労務管理の方法が問題。特に、非喫煙者からの不公平感を解消する必要があります。従業員の労務管理について、疑問、不安のある会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

タバコ休憩違法喫煙者労務管理休憩制限会社側労働問題弁護士東京

ポケモンGOなどのスマホゲームを勤務時間中や休憩中に行う行為は懲戒処分の対象?適切な対応方法は?

ポケモンGOなどのスマホゲームが流行し、勤務時間中でもスマホゲームをしてしまう従業員が増加しています。職務専念義務違反に対する会社の適切な対応について、就業規則、懲戒処分、業務命令などの観点から解説します。

スマホゲーム企業
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.