東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 心理的負荷による精神障害の認定基準

「心理的負荷による精神障害の認定基準」とは、厚生労働省が発表している、業務上の災害によって労働者が精神疾患にり患した場合の、労災の認定基準です。

職場で起こる事実を、ストレス因子の強度で分類し、その強度によって労災認定の基準を定めるものです。

使用者側の安全配慮義務違反の責任と労災とは、同一の判断ではないものの、労災における基準は安全配慮義務違反の判断においても重要な資料と考えられています。

会社が従業員に「自腹」「罰金」のノルマを課してよいのでしょうか?│労働法務Q&A

心理的負荷による精神障害の認定基準の指針によれば、ノルマを強要する程度が強いほど、いざ労働者が体調を崩した場合に、労災とされ、また、会社が安全配慮義務違反の責任を負うと認められる可能性が高いといえ、叱咤激励のし過ぎには注意が必要です。

労働法務Q&A浅野総合法律事務所
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.