東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 整理解雇

整理解雇とは、解雇の種類のうち、会社の経済的な事情を理由として行う解雇をいいます。

整理解雇の場合、労働者の側には非がないわけですから、労働者の非に照らして解雇が合理的かという、普通解雇や懲戒解雇の判断とは異なり、会社の整理解雇が、必要かつ相当なものであったかという観点からの有効性判断となります。

この判断の際には、整理解雇の4要件という判例法理が形成されており、これに基づいて有効性を判断することとなります。

普通解雇・懲戒解雇・整理解雇の違いと、いずれにせよまずは退職勧奨を試すべき理由

人事労務管理において、適切なケースで適切な種類の解雇を行わなければ、解雇権濫用法理の適用において会社に不利となる危険があります。労働法に疎い会社の中には、「懲戒解雇の方が認められやすいと思った」という安易な理由で懲戒解雇を通告し、トラブルに発展したケースもあります。

解雇3種類退職勧奨

解雇の種類と、解雇権濫用法理をクリアする対策

解雇は、従業員の生計の手段を奪う極めて重大な処分ですので、法律によって厳格な規制がなされています。ですから、従業員を解雇した後に、解雇の有効性が問題視されトラブルにならないよう、従業員を解雇する場合には事前に専門家に相談し慎重に検討することが必要です。

問題社員対応解雇労働問題会社側弁護士東京

子会社の黒字解散(清算)による労働者の整理解雇の有効性│労働法務Q&A

解雇が無効と判断される場合であって、偽装解散、解散が無効といった評価とはならないものの、解雇の手続き的適正を欠くことを理由に解雇が無効となる場合には、清算中の清算会社に対して労働者としての地位を主張し、賃金請求を行うこととなります。

労働法務Q&A浅野総合法律事務所

労働審判(不当解雇)で主張すべき解雇無効の法理論6ポイント

労働審判で、「不当解雇」との主張をされた場合、会社が主張すべき法理論についてまとめて解説。労働審判の場合、多くのケースは仮に「解雇無効」との心証を労働審判委員会が選択したとしても復職しての就労は困難で、解決金による金銭解決で合意に至ることがほとんどでしょう。

労働審判(不当解雇)で主張すべき解雇無効の法理論6ポイント
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.