東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 誠実交渉義務

誠実交渉義務違反とならない団体交渉の打ち切りのタイミング

団体交渉では誠実に交渉する義務があり、違反すれば団交拒否、不誠実団交などの不当労働行為となりますから、会社の適切な対応は、まずは労働組合との間で協議を実施し、話し合うことです。どれだけ話し合いを重ねても全く折り合いが付かず、議論が平行線となる場合があります。会社が一方的に交渉を打ち切ることが可能となるタイミングについて、解説します。

誠実交渉義務違反団体交渉
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.