東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 労災

労災の場合、労災保険制度によって労災認定を獲得した場合には保険料が支給されることはもちろん、労災保険で補償されない部分については、使用者が安全配慮義務違反の責任に基づいて損害を賠償しなければならないと判断されるおそれがあります。

労災が起こった場合、速やかに事実関係を確認すると共に、再発防止措置を講じます。設備に起因する事故であれば、その設備の使用中止、立入禁止、接近禁止の措置を施します。人間関係に起因するトラブルである場合には、異動、配置転換等によって対応します。

その上で、即座の対応の上、労災保険申請手続への協力と、労災被災労働者との話し合いを行います。「労災隠し」や労災申請手続きへの非協力的な態度を行うと、後々、御社の社会的信用を著しく低下させるおそれがあり、お勧めできません。

傷病(ケガ・病気)で業務ができない社員を、会社が解雇ではなく休職とすべき理由

労働者が傷病によって業務ができない場合に、会社が解雇をすべきでない理由について解説します。傷病を負った労働者の対応にお困りの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

傷病業務不能休職解雇労働問題会社側弁護士東京

持ち帰り残業にも残業代の支払が必要?長時間の持ち帰り残業の黙認は危険!

持ち帰り残業も労働時間となる可能性があり、この場合会社での労働時間と合わせて法定労働時間を超える場合には、持ち帰り残業に対する残業代の支払が必要です。残業代を含めた労務管理に疑問、不安がある場合は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談下さい。

持ち帰り残業長時間残業残業代請求

会社の指示に違反して安全措置を講じず、労災事故に遭った労働者への対応

建設現場の労災事故について建設会社の責任と、会社の指示に違反して安全措置を講じない労働者に対する適切な対応を解説。建設会社は労災事故に安全配慮義務を負い、労働者が指示違反をした場合も同様です。

会社指示違反労災事故

労災特別加入における海外出張と海外派遣の違い

海外派遣とみなされる場合には、労災特別加入制度を利用していない限り、労働者は労災保険の保護を受けることができませんが、一方で、海外出張とみなされる場合には、労災特別加入制度を利用してなくても労働者は労災保険の保護を受けることができることとなっています。そのため、海外出張と海外派遣の違い、その判断の際の考慮要素が問題となります。

労災特別加入海外

歓送迎会の飲み会帰り道の死亡は労災認定されるか?

本来の業務の後に行われた飲み会、宴会後の災害が、労災認定されるかどうか、その判断基準について解説します。労災認定は、第一次的に労基署で判断されますが、その際の判断基準は業務遂行性、業務起因性です。事故が労災となることはもちろん、会社は安全配慮義務違反の責任を負い、強制の程度によっては、残業代の請求が労働者からなされるおそれもあります。

飲み会労災

建設業の労災加入の仕組み│元請・下請・親方も死亡事故前に

建設業を経営する会社の経営者、人事労務・総務担当の皆さんは、建設現場に内在する危険が通常の職場に比べて非常に多いことを十分に理解する必要があります。万が一の事故が起こってから慌てて対応するのでは、不適切な対応となるおそれが高いため、労災事故、安全配慮義務違反への対応方法を復習しましょう。

建設業労災
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.