東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 労働法務ニュース

労働法務を得意とする新宿・四ツ谷の弁護士が、労働法務の分野で最近起こったニュースを法律専門家の観点から解説していきます。

労働者派遣法、労働契約法、労働安全衛生法といった労働法の重要な改正が相次ぎ、特に非正規社員の管理に関する法改正は、中小企業の経営に直結する重要な改正ばかりで、早急な対応が必要です。また、社会的ニュースにおいても、長時間労働、ブラックバイトなど、会社に社会的評価の低下という大きなリスクのある労働問題が頻発しており、このような問題ある企業と思われないような人事・労務管理を徹底するためにも、労働問題の最近のニュースからは目が離せません。

ニュースで労働問題が取り上げられるたびに、御社に同様の労働問題が起こり得る潜在的リスクが存在していないかどうか、自省・再検討を行う機会として考えてください。

有期契約労働者の無期転換に関するポータルサイト開設について

無期転換ルールが動き出す日は間近に迫り、会社は方針を決めた上、対策を早急に進めなければなりません。無期転換ルールの対策がお済でない会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

労働法務ニュース

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?

会社には労働時間を適切に把握して残業代を支払い義務があり、労働時間を適切な方法で把握、管理し、算出された残業代を支払わない場合には、後になって労働者から労働審判、訴訟等で争われた場合に、高額の残業代支払を義務付けられるおそれがあります。

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?

過労死した「ほっともっと」店長が損害賠償請求│労働法務ニュース

大手弁当チェーン「ほっともっと」を運営する株式会社プレナスに対して、ほっともっとにて店長として勤務していた男性が過重労働を原因として2011年に過労自殺したことについて、元店長の遺族が損害賠償9300万円を請求し、提訴しました。

ほっともっと過労死

新卒採用の2017年度の企業動向は?│調査結果

2017年度の新卒採用の状況について、人と仕事研究所が2017年度に新卒採用を予定している企業を対象として調査 …

労働法務ニュース

ひげ禁止は憲法違反?労働者の見た目を制限できるか?│労働法務ニュース

雇用契約を締結している場合には、労働者に対して「働くこと」という労働契約上の債務を履行させることは当然のことながら、その労働を円滑に進めるために、一定程度私生活上の自由に制約を課することも可能であるとされますが、人格権に属する事項については、個人の自由であることが原則です。

労働法務ニュース

妊娠2ヶ月後の解雇は理由が別でも無効│労働法務ニュース

妊娠中や出産直後の女性に対してそれ以外の理由で解雇する場合、できる限りそれらの出来事が起きる前に早急に決断すべきです。能力不足、勤務態度不良といった問題社員がいる場合には、労働問題に精通する弁護士に、日常的に相談しながら長期的な視野をもって進めることが重要であるといえます。

労働法務ニュース

IBMロックアウト解雇が無効で敗訴!外資系企業の安易な解雇に警鐘│労働法務ニュース

IBMが外資系企業であり、日本の解雇権濫用法理による解雇制限が、会社内ではあまり重視されていなかった可能性が指摘できます。解雇権濫用法理のない外資系企業は、日本に進出して従業員を雇用する際には、日本の解雇制限の法理を十分に意識して人事労務管理を行う必要があります。

労働法務ニュース
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.