東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 労働条件明示義務

労働条件明示義務とは、労働基準法15条1項に定められた会社側の労働者に対する義務のことをいいます。

労働者の保護のため、雇用契約を締結する際には、会社が労働者に対して、雇用契約の内容となる労働条件を明示しなければならないという義務を内容とします。

採用時の労働条件の明示義務│求人広告の情報は労働条件になるか?

求人広告の内容と雇用契約、就労実態が大きく異なる場合「求人詐欺」をするブラック企業と評価され、人材確保が困難となるだけでなく、社会的信用の低下、売上低下のおそれがあります。

採用時の労働条件の明示義務│求人広告の情報は労働条件になるか?
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.