東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 労働保険

労働保険には、雇用保険と労災保険があります。

一人でも社員を雇っている会社は、労災保険に加入しなければなりません。また、一定以上の労働時間数就労する労働者を雇用している会社は、当該従業員を雇用保険に加入させる必要があります。

労働保険は、失業、労災といった不慮かつ予想外の出来事に対して労働者を保護するという側面がある一方で、労働者との間の紛争を拡大させず、また、会社の側での経営的事情から損害賠償が行えないといった金銭的余裕のなさを補うという意味で、会社にとってもメリットのある保険制度です。

平成28年度4月入社社員の健康保険・社会保険・労働保険料率【人事労務・総務担当者様必見!】

入社の際、雇用契約書、誓約書、身元保証書等を初め、入社する労働者との間で会社が締結しておいた方がよい書面が多く存在し、また、オリエンテーションを行う等、行うべきことも多くあります。年度初めの多忙から、保険の手続きについて、雑になりがちなのではないでしょうか。再確認をしてみてください。

平成28年度4月入社社員の健康保険・社会保険・労働保険料率【人事労務・総務担当者様必見!)
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.