東京都新宿区・四ツ谷の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : パートタイム労働法

パートタイム労働法とは、正式名称を「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」といいます。

その名前の通り、「短時間労働者」の職場環境、労働条件の向上と保護を目的として制定された法律です。

この法律でいう「短時間労働者」すなわち「パートタイム労働者」とは、通常の労働者と比べて、短時間の労働を行う者を指すこととされています。

近時の正規社員の減少、非正規社員の増加に伴い、非正規社員の労働条件の向上が叫ばれる中、数度の改正によって大きな変化を見せています。非正規社員の雇用管理に関して、最も重要な法律といえるでしょう。

採用時の労働条件の明示義務│求人広告の情報は労働条件になるか?

求人広告の内容と雇用契約、就労実態が大きく異なる場合「求人詐欺」をするブラック企業と評価され、人材確保が困難となるだけでなく、社会的信用の低下、売上低下のおそれがあります。

採用時の労働条件の明示義務│求人広告の情報は労働条件になるか?

同一労働同一賃金(どういつろうどうどういつちんぎん)とは?

同一労働同一賃金とは? 同一労働同一賃金とは、同一の労働を行う労働者に対しては、同一の賃金が支払われることを保 …

用語集
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.