東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : LGBT

レズ・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーという、性的マイノリティを総称する用語です。

労働法の分野では、性的マイノリティであるからといって、特に何かが変わるわけではなく、むしろ、性的マイノリティであることを理由にある処分を行うのであれば、これは人権侵害であり、労働法的にいえば、セクハラ、パワハラなどのハラスメントの問題となります。

性的マイノリティであるか否かにかかわらず、優秀な人材に対して働きやすい環境を提供するため、企業は十分は配慮をすべき義務があります。

LGBTでもセクハラの対象!厚労省がセクハラ指針の改正を発表

セクハラ指針の改正により、LGBTがセクハラの対象となることが明示されます。改正前の現在でも、LGBTがセクハラ対象なのは当然で、改正によって明示されればなお、これに対して対応しない企業は、いざLGBTセクハラ問題が起こった場合、重い管理責任を追及される可能性が高まります。

LGBTセクハラ
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.