東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 求人詐欺

求人詐欺とは、実際とは異なる虚偽の労働条件を記載して求人活動を行うことによって、これを真実と誤信した労働者を雇用することです。

求人詐欺が行われると、その後劣悪な労働条件、職場環境での就労を強要されるという意味で労働者にとって悪であることはもちろんのこと、求人詐欺行為によって雇用された労働者がその後訴訟・労働審判といった方法によって争う労働問題リスクを抱え続けることとなりますから、会社にとってもリスクのある行為であるといえます。

求人詐欺を行わなければ適切な人材が確保できないという状態であるのであれば、むしろ会社の体質や人事制度、労務管理に問題がある可能性があり、労働法に基づいたアドバイスにより改善することが必要でしょう。

採用時の労働条件の明示義務│求人広告の情報は労働条件になるか?

求人広告の内容と雇用契約、就労実態が大きく異なる場合「求人詐欺」をするブラック企業と評価され、人材確保が困難となるだけでなく、社会的信用の低下、売上低下のおそれがあります。

採用時の労働条件の明示義務│求人広告の情報は労働条件になるか?

求人票と異なる労働条件で雇用可能ですか?│労働法務Q&A

求人票に労働条件を明示することは、職業安定法で義務付けられているため、全く虚偽の労働条件を記載したり、労働条件を全く記載しなければ、職業安定法違反となることはもちろん、「求人詐欺」とのレッテルを貼られ、御社に取り返しのつかない大損害となるおそれがあります。

労働法務Q&A浅野総合法律事務所

求人詐欺のブラック企業と言われないために会社が行うべき5ポイント

「求人詐欺」を行うブラック企業であるとのレッテルを貼られれば、本年度の求人に失敗することはもちろん、顧客の不買運動、信頼の低下による取引停止、株価下落等、思わぬ不利益を受けるおそれがあり、慎重な対策が必要です。

求人詐欺ブラック企業対策
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.