東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 固定残業手当

固定残業手当制度とは、残業代の定額払いのうち、残業代に充当する額を予め手当として支払っておく制度をいいます。残業代に充当する手当の名称としては、精勤手当、営業手当等の名称が用いられることもありますが、名称ではなく、その定め方によって判断する必要があります。

したがって、ある手当を残業代に相当するものとして支払う場合には、その旨を賃金規程等で明示し、労働者に周知徹底を図る必要があります。

加えて、手当の一部、全部など、いずれの部分が残業代見合いとして支払われるのかを明らかにした上、その額を超える残業代支払が必要となる場合には、差額の支払いを行うことを合意する必要があります。

残業代を含む手当の支払を有効とするため、固定残業手当を支払う際のポイント

労働者からの残業代請求に対して固定残業手当の支払で対応するために、会社が注意すべきチェックポイントを解説します。残業代制度について疑問、不安のある会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

残業代請求固定残業手当有効性要件会社側労働問題弁護士東京

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり。有効となる方法は?

残業代の定額払いは、労働法の判例、裁判例においては、無効とされるリスクが高い。適切に制度を実施していれば、未払い残業代を請求される余地はないものの、実際には残業代が固定であることに託けて、違法に残業代を支払っていない会社もあるため、注意が必要です。

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.