東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 固定残業代

固定残業代制度とは、残業代の定額払いのうち、基本給の一部に予め残業代に充当する金額を含んで支払う制度をいいます。

基本給の一部として支払う場合には、基本給のどの程度の金額が残業代に充当される部分に該当するかを明確に区分した上で、この金額で実労働時間に対する残業代を支払いきれない場合には、その差額を支給することを合意しなければなりません。

基本給のどの部分が残業代に該当するかについては、就業規則、雇用契約書、給与明細等に適切に明示し、労働者に周知徹底しましょう。

固定残業代制を会社が廃止すべき理由!ブラック企業と言われないために

会社が固定残業代制度を廃止すべき最近の流れについて解説します。ブラック企業といわれないためにも、適切な方法によって残業代対策を行いたい会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

固定残業代制度手当残業代廃止ブラック企業労働問題弁護士東京会社側

飲食店店長の残業代につき、固定残業代と管理職扱いの適切な運用

飲食店の店長の残業代につき、固定残業代と管理職扱いの適切な運用を解説。店長であるという事実だけで残業代を支払わなくてよいわけではありません。むしろ一般の従業員よりも給与が高めに設定されていることから、いざ未払い残業代が問題となると、一般の従業員に比しても多額の未払い残業代が生じる。

飲食店店長管理職固定残業代適切

労働者の主張する残業時間数を適法に削減する方法

労働法上、賃金や残業代の支払いが義務付けられる「労働時間」の定義と、その労働時間を削減して残業代を効率的に減額する方法を解説します。労働法上の「労働時間」は、必ずしも一般的な用語として使われる労働時間とは異なることを意識し、無駄な残業代、残業時間は節約しましょう。

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり。有効となる方法は?

残業代の定額払いは、労働法の判例、裁判例においては、無効とされるリスクが高い。適切に制度を実施していれば、未払い残業代を請求される余地はないものの、実際には残業代が固定であることに託けて、違法に残業代を支払っていない会社もあるため、注意が必要です。

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.