東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 建設業

建設業の経営者、人事労務・総務担当者の皆さんから相談の多いケースについて、特に建設業に特化した部分を中心に専門的な解説をまとめました。

当事務所でも、建設業を経営する会社様の顧問弁護士をお引き受けしておりますが、特によくある相談ケースは主に次の通りです。

・ 取引先に対する売掛金回収
・ 従業員トラブル
・ 職人・親方など個人事業主とのトラブル
・ 労災事故への対応

特に、死亡事故等の重大な労災事故が生じた場合には直ちに対応が必要です。
むしろ、顧問弁護士の予防法務的なメリットを考えると、事前から、労災事故が起こらないような適切な人事労務管理となるよう準備を怠らないことが重要でしょう。

建設業の労災加入の仕組み│元請・下請・親方も死亡事故前に

建設業を経営する会社の経営者、人事労務・総務担当の皆さんは、建設現場に内在する危険が通常の職場に比べて非常に多いことを十分に理解する必要があります。万が一の事故が起こってから慌てて対応するのでは、不適切な対応となるおそれが高いため、労災事故、安全配慮義務違反への対応方法を復習しましょう。

建設業労災
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.