東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 過重労働撲滅特別対策班

過重労働撲滅特別対策班は、通称「かとく」といいます。長時間労働を抑制する対策として国が設置した機関で、これまでにも、ドン・キホーテ、ABCマートといった有名な企業を、長時間労働を理由として送検しています。

今後も、国による長時間労働の抑制策は進むことが想定されますので、労働時間管理、把握、適切な残業代の計算方法等に不安がある場合には、弁護士による総ざらいチェックを受ける必要があるでしょう。

残業80時間超の社員、厚労省「かとく」が、1人いれば監視。長時間労働に歯止め?

厚生労働省は、1か月の残業が「80時間を超える残業をする労働者が1人でもいる場合」には、労働基準監督署の立ち入り調査をすると発表した。過重労働撲滅特別対策班(通称「かとく」)設置と並び、ますます長時間労働に対する規制を厳しくする風潮が進んでいますので長時間労働の常態化に注意が必要。

労働法務ニュース
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.