東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 過労死

過労死とは、会社における長時間労働や職責・業務からくる過度のプレッシャーを原因として、労働者が死亡に至ることをいいます。過労死の原因は、脳卒中・脳溢血といった脳疾患、心臓麻痺などの心疾患がその非常に多くの割合を占めています。

過去に過労死・過労自殺を原因として労災認定されたケースとしては、富士通(2011年)、キリンビバレッジサービス(2010年)、光通信(2010年)、ワタミ(2008年)、マツダ(2007年)、東急ハンズ(2004年)などがあります。

過労死した「ほっともっと」店長が損害賠償請求│労働法務ニュース

大手弁当チェーン「ほっともっと」を運営する株式会社プレナスに対して、ほっともっとにて店長として勤務していた男性が過重労働を原因として2011年に過労自殺したことについて、元店長の遺族が損害賠償9300万円を請求し、提訴しました。

ほっともっと過労死
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.