東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 管轄

管轄とは、どの裁判所が当該紛争の処理を担当するかを決めるための概念です。

民事訴訟の場合「被告の住所地」が原則となりますが、不法行為を争う場合の「不法行為地」、不動産に関する問題を争う場合の「不動産の所在地」など、事件処理の便宜のため特別な管轄が定められています。

また、訴えられる側の不利益とならない限りにおいて事件処理の便宜を優先するため、「合意管轄」「応訴管轄」に関する定めがあり、訴えられる側の合意がある場合には、管轄のない裁判所でも裁判が可能な定めとなっています。

労働審判の管轄と変更│支店所在地で労働審判申立がされた場合

「管轄」とは、「どの裁判所で労働審判手続を行うことができるか」、という意味で用いられる法律用語です。労働審判の場合、第1回期日で事実認定を終えるのが原則であり、関係者、参加者の出頭の便宜を確保することが重要であることから、労働者の申し立てた労働審判について、その裁判所が管轄を有するかどうかが重要な検討事項となります。

労働審判の管轄と変更│支店所在地で労働審判申立がされた場合
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.