東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 解雇

会社の一方的な意思表示によって従業員との間の雇用契約を解約することを「解雇」といいます。

解雇には、その理由によって普通解雇、整理解雇、懲戒解雇などがありますが、いずれも合理的な理由があり、社会的に相当でない場合には「不当解雇」として無効と判断されるおそれがあります。

解雇が無効とされ、職場復帰後に再度解雇することが許されるか?

一旦解雇した労働者が、解雇無効や職場復帰命令により復職した後、再度解雇することが可能かについて解説します。問題社員の対応にお困りの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

解雇無効職場復帰命令復職後再度解雇有効労働問題会社側弁護士東京

会社の名誉棄損、信用失墜させた労働者の解雇は認められやすい理由

会社の業務において、労働者の問題行為が会社の名誉棄損、信用失墜といった悪影響を及ぼす場合の解雇について解説します。会社の被害が甚大な問題社員への対応にお困りの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

名誉棄損信用失墜問題社員解雇労働問題会社側弁護士東京

傷病(ケガ・病気)で業務ができない社員を、会社が解雇ではなく休職とすべき理由

労働者が傷病によって業務ができない場合に、会社が解雇をすべきでない理由について解説します。傷病を負った労働者の対応にお困りの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

傷病業務不能休職解雇労働問題会社側弁護士東京

人事評価の低い従業員を普通解雇するため、会社がとるべき準備と解雇方法

人事評価の低い従業員を適切に解雇するために会社が行うべき準備と解雇方法について解説します。人事評価の低い問題社員の解雇を検討している会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

低評価人事評価従業員普通解雇労働問題会社側弁護士東京

勤務態度の悪い労働者を普通解雇することが可能か?解雇方法と注意点

勤務態度の悪い労働者の普通解雇が可能なケースと、解雇方法を解説します。勤務態度不良に対しては改善の機会を付与してから解雇します。勤務態度不良の問題社員への対応にお困りの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

勤務態度不良普通解雇有効労働問題会社側弁護士東京

「出勤不良」を理由に「普通解雇」する際の手続きと、適切な解雇方法

出勤不良を理由に会社が問題社員を普通解雇する際の手続きと、適切な解雇方法について解説します。出勤不良の問題社員への対応にお悩みの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

出勤不良普通解雇問題社員会社側労働問題弁護士東京

「協調性不足」を理由に「普通解雇」する際の手続きと、適切な解雇方法

協調性不足の従業員により、業務に支障が生じたり、他の従業員が十分能力を発揮できなかったりする場合、適切な労務管理を迅速に行い、解雇が可能な場合もあります。協調性不足の問題社員への対応にお悩みの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

協調性不足普通解雇会社側労働問題弁護士東京

労働審判で会社側が不当解雇問題を争う際の答弁書の書き方とポイント

解雇の有効性を労働審判によって争う場合に、会社側が作成、提出すべき答弁書の書き方とポイントについて解説します。労働審判への対応にお困りの会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労働審判不当解雇争い答弁書書き方ポイント会社側弁護士労働問題東京

普通解雇を検討すべき労働者の典型例は?弁護士が教える会社が普通解雇を検討すべき労働者と、適切な解雇方法

普通解雇は、解雇権濫用法理による厳格な制限を受けるものの、普通解雇をせざるを得ない労働者のパターンと普通解雇の方法について解説します。問題社員への対応に苦慮する会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

普通解雇問題社員弁護士会社側労働問題東京

中小企業必見!企業規模が小さいほど解雇が許されるのか?弁護士が教える中小企業が問題社員を解雇する方法

解雇の有効性を判断するにあたって、企業規模を考慮すべき理由と、その考慮の仕方について、中小企業の視点に立って解説していきます。問題社員の解雇をお考えの中小企業様は、会社の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

中小企業解雇有効解雇権濫用法理会社側労働問題弁護士東京
1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.