東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 過半数代表

中小企業では、まだまだ過半数代表の選出手続が適切に行われていなかったり、そもそも過半数代表が決められていなかったりといった労働基準法違反が散見されます。

過半数代表が締結主体となっている労使協定は、労働基準法上では原則禁止されている残業命令などの違法行為について、労使協定の締結を条件として免罰効力を持たせる類ものが多く、労使協定が無効とされると、会社に対する悪影響は非常に大きいといえます。

派遣期間制限を延長する意見聴取の手続と方法?労働契約申込みみなし制に注意【派遣法改正】

労働契約申込みみなし制に関し、事業所単位の期間制限を延長する手続の方法と注意すべきポイントを解説。派遣労働者を利用する際に疑問、不安な会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

派遣事業所単位期間制限延長労働者代表意見聴取会社側労働問題弁護士東京

就業規則の意見聴取・届出・周知などの手続的規制について

就業規則としての効果を発揮するためには、労働基準法上に定められた、就業規則の行うべき手続を履行する必要があります。この、就業規則の手続的規制が、「意見聴取」「届出」「周知」です。適切な手続を欠く就業規則は無効とされる可能性があります。

就業規則意見聴取届出周知
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.