東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 実労働時間

実労働時間とは、労働者が実際に労働した労働時間をいいます。

実労働時間が、残業代支払の算出根拠となります。

実労働時間は、会社によって適切な方法で把握された始業時刻、終業時刻が記録されている場合には、始業時刻と終業時刻の間の時間から休憩時間を除いた時間数となります。

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり。有効となる方法は?

残業代の定額払いは、労働法の判例、裁判例においては、無効とされるリスクが高い。適切に制度を実施していれば、未払い残業代を請求される余地はないものの、実際には残業代が固定であることに託けて、違法に残業代を支払っていない会社もあるため、注意が必要です。

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?

会社には労働時間を適切に把握して残業代を支払い義務があり、労働時間を適切な方法で把握、管理し、算出された残業代を支払わない場合には、後になって労働者から労働審判、訴訟等で争われた場合に、高額の残業代支払を義務付けられるおそれがあります。

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.