東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 人事評価

人事評価では、会社(ないし人事担当者や直属の上司)が、従業員に対して、その職務能力、勤務態度、職務への適正などを評価し、これに基づいて給与額の増額・減額、昇進昇格、降格といった人事上の処遇を決定することをいいます。

人事評価の有効性には、会社側の裁量がある程度広く働くものの、不合理な人事評価は無効となる可能性も否定できません。

人事評価の低い従業員を普通解雇するため、会社がとるべき準備と解雇方法

人事評価の低い従業員を適切に解雇するために会社が行うべき準備と解雇方法について解説します。人事評価の低い問題社員の解雇を検討している会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

低評価人事評価従業員普通解雇労働問題会社側弁護士東京

ひげ禁止は憲法違反?労働者の見た目を制限できるか?│労働法務ニュース

雇用契約を締結している場合には、労働者に対して「働くこと」という労働契約上の債務を履行させることは当然のことながら、その労働を円滑に進めるために、一定程度私生活上の自由に制約を課することも可能であるとされますが、人格権に属する事項については、個人の自由であることが原則です。

労働法務ニュース
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.