東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 義務的団交事項

義務的団交事項とは、団体交渉において会社が労働組合の団体交渉申入れに対して、応じなければならない議題をいいます。

義務的団交事項を団体交渉の議題として設定した申入れであるにもかかわらずこれを放置、無視すれば、団交拒否という類型の不当労働行為に該当します。

逆に、義務的団交事項が議題の中に一つも含まれない団体交渉申入れであれば、応じなくても違法ではないということとなります。ただし、「何が義務的団交事項に該当するか」については、考え方に違いがあるところであり、評価にも幅のある非常に難しい問題です。

「この件は労働組合にとやかく言われる問題ではない。」と鷹をくくって、法的に義務的団交事項に該当するか否かの判断をせずに労働組合の団体交渉申入れを放置することは、後々不当労働行為救済手続きにおいて争われるリスクが非常に大きいため、お勧めできません。

経営事項は団体交渉の対象か?│クックパッド社員が労組結成で経営陣退陣を要求

クックパッド」、経営陣の退陣を求める社員が団結して労働組合を設立したと報じられた。経営方針を巡り社内紛争の続いていたクックパッドの将来を不安視した社員が決起したとのことです。義務的団体交渉事項が議題となる場合のみであり、経営権に関する事項が労働条件等に影響する場合に限られます。

労働法務ニュース
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.