労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

「付加金」 一覧

付加金とは、労働基準法114条に定められた会社側(企業側)に対する制裁金です。

解雇予告手当、残業代(割増賃金)、有給休暇期間中の賃金という一定の金銭が未払いとなっていた場合に、会社側(企業側)に課せられる可能性があります。

労働者から会社側(企業側)に、訴訟で付加金を請求すると、裁判所の命令によって支払を命じられる可能性のある金銭です。

付加金の金額は、未払い額を上限とすることとされています。

つまり、まさに「倍返し」の制裁となってしまうリスクがあるのが、この付加金の怖さです。

労働審判

2018/7/30

労働審判で残業代請求と「付加金」を請求された!会社側の対応は?

労働審判で残業代を請求された場合、客観的証拠がある場合には、会社側が不利となるケースが多いといえます。したがって、不誠実な対応をしたことによって、訴訟となり、付加金まで支払うよう命令されるという最悪の事態は避けなければなりません。

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.