東京都新宿区・四ツ谷の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 調停

調停は、裁判所で行われる手続きで、ADR(裁判外紛争解決手続き)の一種です。

民事事件を解決する手段として調停以外の選択肢ですと民事訴訟が有名ですが、民事訴訟の場合には、判決によって白黒はっきりつけるという側面が強い反面、主張整理、証拠整理、尋問といった手続きを踏んでいると結論が出るまでにかなりの時間がかかることがあります。

これに対して民事調停は、話し合いを前提とした解決方法であって、裁判官、調停委員が、両当事者の話をじっくりと聞き、話し合いを仲裁しながら円満な和解を目指す手続きです。

労働法の分野では、民事調停が紛争解決の方法として用いられることは、労働審判制度が導入されて以降はあまりなくなりました。というのも、労働審判制度は、その一部に調停による話し合いという仕組みを当然に組み込んでいるためです。

労働審判の解決金の「相場」│労働審判で不当解雇を争われた場合

労働審判における解決金には、労働審判委員の心証によって一定の相場はあるのの、労働法の法律・判例に照らして労働審判委員会の心証形成が適切であるか、労働審判で解決せずに訴訟に移行した場合に経済的合理性があるかといった多くの観点から、方針決定をし、その方針に従った交渉を行うべきです。

労働審判における解決金の相場
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.