東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 弁護士

弁護士数が激増している現在、弁護士の業務は専門特化の必要性を迫られています。

当事務所では、労働法務・企業法務を得意分野として磨き上げ、経験と知識を事務所内に蓄積していくことにより、経営者の味方となることができる事務所となりました。

労働問題の専門家というと社会保険労務士(社労士)を思い浮かべることが多いですが、労働問題において、当事者の代理人となって法的交渉を遂行することができるのは弁護士のみです。したがって、労働問題が紛争化した場合のメリット・デメリット・リスクに配慮しながら日常の人事労務管理のアドバイスを行う必要があることから、顧問弁護士による労務管理のアドバイスは非常に有益であるといえます。

労働審判を会社側で担当する弁護士が、知っているべき労働審判に関する法律・規則

労働審判を会社側に有利に解決するにあたって労働審判に関する法律知識が必須です。知っておくべき法律、規則の種類について解説します。労働審判を弁護士に依頼することを検討している会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

労働審判法律規則労働問題弁護士会社側東京

労働審判を、会社側が弁護士に依頼する場合の弁護士費用の相場は?

労働審判を弁護士に依頼する場合の費用について解説します。労働審判申立書の写しを送付頂ければ、無料で費用のお見積りを致します。労働審判への対応に苦慮されている会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

労働審判必要弁護士費用会社側労働問題弁護士東京

会社側の労働審判対応が得意な弁護士の選び方

労働審判に立ち向かわねばならないという場合に、パートナーとなる弁護士の選び方について解説します。労働審判への対応に苦慮されている会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

会社側労働審判得意な弁護士強い選び方労働問題弁護士東京会社側

労働審判を申し立てられた会社は公開されるのか?労働審判は非公開が原則

労働審判を会社側が申し立てられた場合、傍聴、公開と、できる限り労働審判に至る経緯、労働審判手続きにおける解決内容を第三者に知られないようにする方法を解説します。労働審判を申し立てられた場合、早急に会社側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労働審判公開非公開訴訟裁判弁護士東京会社側

会社側が労働審判を申し立てられ、相談から解決にかかる期間は?

労働者との間で労働問題が拡大しそうな場合、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。労働審判は短期間で終了する制度であるものの、労働審判の解決予想をある程度行うことができれば、労働審判より以前の話し合いにより和解を進めた方が良いケースも。

労働審判会社側解決期間平均審理期間

団体交渉に弁護士が出席すべきか?出席せずに団交の後方サポートも可能

労働組合からの団体交渉申入れを受けた場合には、早めに企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。できる限り、即時かつ適切なアドバイスをするためにも、団体交渉に弁護士を同席させることをお勧めしていますが、その際弁護士任せにならないよう注意が必要です。

団体交渉弁護士出席すべき後方サポート団交

労働問題に強い弁護士が団体交渉での労働組合との交渉をサポートできること

団体交渉を労働組合との間で行う場合、労働組合は、合同労組などの外部労組であれば、同様の労働問題の交渉経験を非常 …

団体交渉弁護士

労働審判の参加者と準備すべき事項│労働審判に出席すべき会社側の担当者

労働審判の期日に出席すべき参加者の選定と、出席者の当日の受け答えのリハーサルを行います。労働審判では、第1回期日に全ての事実認定を行うため、入念な準備が必要です。弁護士による質疑応答集(想定問答)を作成の上、打合せ後にリハーサルや読み合わせを行うのが一般的です。

労働審判の参加者と準備すべき事項│労働審判に誰が出席すべきか?

労働審判の管轄と変更│支店所在地で労働審判申立がされた場合

「管轄」とは、「どの裁判所で労働審判手続を行うことができるか」、という意味で用いられる法律用語です。労働審判の場合、第1回期日で事実認定を終えるのが原則であり、関係者、参加者の出頭の便宜を確保することが重要であることから、労働者の申し立てた労働審判について、その裁判所が管轄を有するかどうかが重要な検討事項となります。

労働審判の管轄と変更│支店所在地で労働審判申立がされた場合

労働審判の期日の決定・変更│時間的余裕ない会社側の準備と対応

労働審判の日程は、申立人と裁判所の都合で決定されるところ、決定的に重要な事実認定の場である第1回期日まで、会社側の準備の時間的余裕はあまり残されていません。労働審判委員選任の後は、たとえ依頼した使用者側の弁護士の都合がつかないとしても、労働審判日程の変更には裁判所も応じてくれません

労働審判の期日の決定・変更│時間的余裕ない会社側の準備と対応
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.