東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 賠償予定の禁止

賠償予定の禁止とは、労働基準法16条に定められる原則であり、労働者に対して会社が予め(雇用契約締結と同時というケースが典型例)、労働契約の不履行に対する違約金や損害賠償額の予定を約束してはならないという原則のことです。

労使関係において、会社が使用者としての強い立場を悪用して、労働者を拘束し続けることを防止するための原則であるとされています。

会社が従業員に「自腹」「罰金」のノルマを課してよいのでしょうか?│労働法務Q&A

心理的負荷による精神障害の認定基準の指針によれば、ノルマを強要する程度が強いほど、いざ労働者が体調を崩した場合に、労災とされ、また、会社が安全配慮義務違反の責任を負うと認められる可能性が高いといえ、叱咤激励のし過ぎには注意が必要です。

労働法務Q&A浅野総合法律事務所
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.