労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

「圧迫面接」 一覧

圧迫面接とは、労働者にストレスを与えることで適性を図る採用技法です。

例えば、故意に回答をしづらい質問をしたり、面接官が採用を申し込んだ者に対して威圧的な態度をとるなどの方法によってストレスを与え、その反応を観察します。

圧迫面接は、対応力や機転の良さを判断するなど、業務において必要な能力の判断に役立つ場合もあります。

しかし、圧迫面接が度を超すと「ブラック企業」などとの評判も立ちかねません。加減の難しいところです。

すくなくとも、入社後に行った場合に「パワハラ」などの理由で違法となる程度の行為を行うことは、当然ながら避けなければなりません。

用語集

2018/8/7

圧迫面接(あっぱくめんせつ)とは?│労働法務用語集

圧迫面接とは? 「圧迫面接」とは、採用の面接において、面接官や人事担当者、会社の経営者などが、次のような行為を行う面接手法のことをいいます。 ポイント 求職者に対して威圧的な態度をとる。 求職者の発言を、理由なく否定し続ける。 求職者に対して、意図的に批判的な質疑応答を行う。 圧迫面接の目的は? 会社側(企業側)が、求職者に対して「圧迫面接」を行う目的は、求職者に対してストレスを与えることで、これに対する対応を、「採用するかどうか」の判断基準にするためです。 この「圧迫面接」によって、求職者の次のような適 ...

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.