東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 圧迫面接

圧迫面接とは、故意に回答をしづらい質問をしたり、面接官が採用を申し込んだ者に対して威圧的な態度をとるなどの方法によってストレスを与え、これに対する対応を観察することによって採用の判断を行う面接手法です。

圧迫面接は、対応力や機転の良さを判断するなど、業務において必要な能力の判断に役立つ場合もありますが、度を超すと「ブラック企業」などとの評判も立ちかねないため、加減の難しいところがあります。すくなくとも、入社後に行った場合に「パワハラ」などの理由で違法となる程度の行為を行うことは、当然ながら避けなければなりません。

圧迫面接(あっぱくめんせつ)とは?│労働法務用語集

圧迫面接とは、採用の面接において、面接官や人事担当者、会社の経営者が、求職者に対して威圧的な態度をとったり、意図的に批判的な質疑応答を行うなどの方法によって、求職者に対してストレスを与え、これに対する対応を判断材料とする面接手法のことをいいます。

用語集
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.