東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 請負

美容業界のスタッフは請負か雇用か?という問題

美容業界のスタッフは、雇用形態が曖昧で、請負か雇用かがわからないことが往々にしてあります。実態としても請負であれば結構ですが、実態は雇用であるのに請負ということにして労働法の適用を免れようという手口は、実際には困難です。最終的に訴訟などで労働者性が争われた場合には、実態が判断の対象となります。

美容請負雇用

下請と元請の団体交渉義務あり?原発作業で元請会社に団交命令(東京都労働委員会)

労働組合との団体交渉の対応にお困りの会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。労働組合の団体交渉権が強く保護されていることから、必ずしも雇用契約の当事者ではなくても、団体交渉を受けなければならない場合があります。

労働法務ニュース
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.