東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 管理監督者

「管理監督者」とは、正式には「監督若しくは管理の地位にある者」といい、労働基準法41条2号によって、時間外割増賃金(残業代)、休日割増賃金の支払の適用除外となる者のことをいいます。

いわゆる一般用語として用いられる「管理職」よりも狭い範囲にしか該当しない可能性があることに注意が必要です。また、管理監督者であっても深夜割増賃金は生じるため、深夜労働の時間管理を怠ってはなりません。

「中途採用」した役職者を「能力不足」で「普通解雇」する際、会社が注意すべきポイントと解雇方法

中途採用した役職者を、能力不足を理由に普通解雇できるかと、会社が注意すべきポイントを解説。中途採用の役職者は、一定の能力を有していることを期待されます。問題社員の解雇を検討する会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

中途解雇労働者役職者普通解雇能力不足労働問題会社側弁護士東京

飲食店店長の残業代につき、固定残業代と管理職扱いの適切な運用

飲食店の店長の残業代につき、固定残業代と管理職扱いの適切な運用を解説。店長であるという事実だけで残業代を支払わなくてよいわけではありません。むしろ一般の従業員よりも給与が高めに設定されていることから、いざ未払い残業代が問題となると、一般の従業員に比しても多額の未払い残業代が生じる。

飲食店店長管理職固定残業代適切

中途採用者を管理職として雇用する際、雇用契約書に明記すべき条件

中途採用者を管理職として採用する場合であっても、解雇権濫用法理の制限を受け、解雇は制限されることから、採用の段階で、雇用契約書に十分な配慮をしなければ、中途採用者が期待する成果を十分に上げなかった場合にも、解雇が困難となります。

美容業界(エステ・美容室など)における残業代に対する意識

美容業界の経営者は、特に残業代に対する意識が甘いケースが多いです。労働基準法上の原則論を言ってしまえば、雇用契約で決めた時間から1分でも多く働かせれば、残業代が生じるのです。労働法への遵守を意識せずに、上記の要望だけ通そうと思えば、いざ退職者からの残業代請求がなされた場合に、多額の残業代を支払う義務が生じかねません。

美容業界残業代

残業代請求の労働審判で会社の主張すべき減額の法理論6ポイント

労働審判で割増賃金(残業代)を請求された場合、その金額が適切な算出方法に従って計算されているか、客観的証拠が存在するか、そもそも残業代が発生する場合か、といった多くの検討を、第1回期日までの限られた時間内に行う必要があります。

労働審判(残業代請求)会社の主張すべき残業代減額の法理論6ポイント

接客業(飲食店スタッフ)の残業代を支払う必要があるのでしょうか?│労働法務Q&A

接客業(特に飲食店スタッフ)の場合、会社が労働基準法に基づいた適切な残業代を支払っていないケースが多く、労働者側の相談事例もかなり多い分野となりますから、未払いの残業代が潜在的に存在するリスクが大きいといえます。

労働法務Q&A浅野総合法律事務所
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.