東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 男女雇用機会均等法

マタハラ防止策を会社はどう実施する?就業規則で懲戒事由として明示も効果的

「マタハラ」とはマタニティハラスメントの略語で、妊娠や出産を理由として職場においていやがらせ(ハラスメント)です。厚生労働省の指針が示すマタハラ防止策には、懲戒理由の一つとしてマタハラの禁止を、就業規則に明記するという案です。実質的にマタハラを防止するためには、就業規則の周知を徹底し、労働者に対して教育、普及を行わなければ、十分とはいえません。

企業のマタハラ防止策

妊娠2ヶ月後の解雇は理由が別でも無効│労働法務ニュース

妊娠中や出産直後の女性に対してそれ以外の理由で解雇する場合、できる限りそれらの出来事が起きる前に早急に決断すべきです。能力不足、勤務態度不良といった問題社員がいる場合には、労働問題に精通する弁護士に、日常的に相談しながら長期的な視野をもって進めることが重要であるといえます。

労働法務ニュース
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.