東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

タグ : 休職

傷病(ケガ・病気)で業務ができない社員を、会社が解雇ではなく休職とすべき理由

労働者が傷病によって業務ができない場合に、会社が解雇をすべきでない理由について解説します。傷病を負った労働者の対応にお困りの会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

傷病業務不能休職解雇労働問題会社側弁護士東京

【休職期間満了時】復職の可否を判断する際、人事労務担当者が注意すべきポイント

休職中の労働者の復職判断を行う際には、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。労働審判、団体交渉などのトラブルを回避するため、復職の判断を決定するにあたっては、十分な情報収集を基に、慎重な検討が必要です。

休職期間満了時復職可否人事労務担当者判断ポイント

【療養休職中】療養と円滑な復職のため、人事担当者が労働者に報告を求めるべき事項と報告方法

休職中の労働者の処遇、報告の指示等についてお悩みの場合は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。休職中及び復職の可否に関する労働審判、団体交渉などの労働問題は、休職、療養期間中に、会社が労働者に対し過不足のない報告を求め、適切な指示を行うことで回避が可能です。

療養休職中人事労務報告方法報告事項

【休職開始時】休職をする労働者に、人事担当者が説明すべき療養に関する注意のポイント

休職制度の利用を検討している労働者がいる場合や、就業規則を変更して休職制度を設ける場合には、企業の労働問題に強い弁護士へご相談下さい休職開始時には、労働者の誤解のないよう、休職制度、療養に関する基礎知識を、人事担当者が労働者に対し説明しましょう。

休職開始療養義務人事労務担当説明ポイント
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.