労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

ニュース

元請会社に対し、下請との団交義務を認めた命令(東京都労働委員会)

更新日:

福島原発の復旧作業に関連して、東電、元請会社である東京エネシス、一次下請会社であるエイブルなどに対して、四次下請会社の従業員らが、団体交渉の申し入れを行っていました。

この団体交渉の申し入れを拒否されたことを理由に、「団体交渉拒否」の不当労働行為にあたるとして、東京都労働委員会に不当労働行為救済命令申立をしていました。

東京都労働委員会は、2016年(平成28年)3月30日、元請会社に対して、団体交渉に応じるよう命じました。

労働組合側の主張が認められた理由は、「偽装下請」状態にあった現状が大きな理由です。

この事案では、原発作業現場において、元請け会社が、下請会社の従業員に対して、直接、指揮監督を行った上に、苦情をいった従業員を解雇するよう下請会社に圧力をかけた、という事情が労働組合側から主張されていました。

偽装請負の場合、実質的には、下請会社の従業員の労働条件をコントロールしているのは元請会社です。

したがって、元請会社とは団体交渉することができないとすれば、団体交渉が権利として認められている意味がなくなってしまいます。

「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ!

団体交渉・労働組合対応

2018/8/10

労働組合を結成・加入するメリットは?

労働者側の立場で、労働組合に加入するメリットは多くありますが、最大のメリットは、労働組合の権利が、憲法・労働組合法といった重要な法律で保障されていることです。 会社側(企業側)の立場で、労働組合に対応したり、団体交渉に参加したりするにあたっては、「なぜ、労働者が、労働問題の解決のために、労働組合を選択したのか。」を知っておいてください。 労使の力関係の差をうめるために、集団で戦うことを認めた労働組合ですから、メリットがあるのは当然です。 弁護士に相談する、労働審判、労働訴訟など、その他の戦い方との比較で、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

団体交渉の参加者は?社長、顧問弁護士は参加すべきか

団体交渉のルールは、当事者同士が話し合いながら決めていくものです。団体交渉の参加者を決定するにあたっては、会社が不利になることのないよう、戦略的に検討しましょう。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/8

団体交渉で、会社がやってはいけない禁止事項の基本

団体交渉を行うにあたっては、会社側(企業側)で気を付けておかなければならないポイントが多くあります。 特に、労働者側(労働組合側)が、労働組合法によって保護されていることから、会社側(企業側)で留意しなければならないのは「やってはいけないこと(禁止事項)」です。 そこで、弁護士が、労働組合(合同労組・ユニオンなど)と団体交渉を行う会社の、やってはいけない禁止事項について、対応方法を踏まえて解説します。 「団体交渉」のイチオシ解説はコチラ! 目次1 労働組合の要求に「応じなければならない」と考えない2 団体 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/26

団体交渉申入書が届いたら…会社側が最初にチェックする7つのこと

団体交渉申入書は、「団体交渉」という労働問題の交渉手段に応じることを求めて、労働組合が、会社に対して差し入れる書面のことをいいます。 突然、書面が送付されて、「失礼だ。」と憤慨されている会社の社長の法律相談をよく聞きます。 合同労組(ユニオン)が、会社に対して、団体交渉を申し入れる流れは、次のように進みます。 団体交渉申入書までの流れ 個別の労働者が合同労組(ユニオン)に相談する 労働者が合同労組(ユニオン)に加入する 合同労組が会社に対し、その会社の労働者が加入したことを通知する(労働組合加入通知書・労 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/7

合同労組(ユニオン)とは?外部の労働組合でも団体交渉の義務あり!

まずは団体交渉の相手方をよく知りましょう。合同労組、ユニオンとはどのような存在か?について解説します。合同労組(ユニオン)は、労働問題の交渉に関するプロであり、労働基準法、労働組合法の知識を熟知しています。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/9/1

不当労働行為とは?違法行為にならないための会社側の注意点は?

憲法は、労働者の権利について、労働三権(団結権、団体交渉権、団体行動権)を保障し、弱い立場の労働者が結集して労働組合を結成し、会社側(企業側)と交渉することを保護しています。 憲法上の「労働三権」を実効的なものにするために、労働組合法に定められたのが「不当労働行為」です。 よくある法律相談 団体交渉で普通に話をしていたはずが、労働組合から突然「それは不当労働行為だ」といわれた。 労働組合から、「不当労働行為なので、労働組合員を解雇してはならない」といわれた。 不当労働行為について、労働委員会に救済命令を申 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/7/27

弁護士は団体交渉に参加・同席すべき?それとも後方サポートのみ?

労働組合からの団体交渉申入れを受けた場合には、早めに企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。できる限り、即時かつ適切なアドバイスをするためにも、団体交渉に弁護士を同席させることをお勧めしていますが、その際弁護士任せにならないよう注意が必要です。

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/11

労働組合から、掲示板・事務所を貸す「便宜供与」を求められたら?

労働組合法で定められている「労働組合」であるためには、会社から自主・独立している団体でなければなりません。 これは、「労働組合」の目的が、労働者側の立場での労働問題の解決にあるため、会社に従属していては、その目的が果たせないためです。 そのため、労働組合法に保護される「労働組合」と認められるためには、会社側(企業側)からの経費援助を受けではいけないこととなっています。 しかし、一定の「便宜供与」は例外であるため、労働組合から、団体交渉で、次のような「便宜供与」を求められることがあります。 例えば・・・ 会 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/8

「経営三権」とは?団体交渉によらず会社が決める権利あり!

労働組合との団体交渉に、会社側(企業側)の立場で対応すると、「労働組合(労働者側)が保護されすぎているのではないか。」と不満を口にする社長(経営者)の方がいます。 しかし、労働組合に、憲法、労働組合法などで権利が保障されているように、会社側(企業側)にも「経営三権」が存在するといわれています。 つまり、会社側(企業側)でも、一定の権利については、会社が決めてよいことだとされているという意味なのです。 「経営三権」を理解し、団体交渉における話し合いが「経営三権」を侵害することのないように進めることによって、 ...

ReadMore

団体交渉・労働組合対応

2018/8/28

労働組合のストライキ(争議行為)への対応方法は?

ストライキ(争議行為)は、日本国憲法において労働組合に対して保障されている「労働三権」のうちでも、「最終手段」として位置づけられた重要な権利です。 労働組合の権利として認められていることから、会社側(企業側)で労働組合対応を行うとき、ストライキ(争議行為)を行う権利を侵害しないよう慎重な対応が必要となります。 しかし一方で、ストライキ(争議行為)が怖いあまりに、労働組合対応が消極的となってしまうケースも少なくありません。 よくある法律相談 団体交渉の場で労働組合から「ストライキ(争議行為)をする」と言われ ...

ReadMore

元請会社の「団体交渉拒否」(不当労働行為)が認められた理由

saiban

元請会社らの「団体交渉拒否」(不当労働行為)が、東京都労働委員会で認められた理由は、元請会社が、労働組合法にいう「使用者」と認められたからです。

労働組合法では、団体交渉に応じる義務があるのは、「使用者」であるとされています。

その理由は、元請会社の担当者が、業務上の決定や変更について、直接、下請会社の従業員に対して具体的な指示命令をしたためです。

一方で、発注元である東京電力は、具体的な指揮監督をしておらず、労働条件に影響を及ぼしてもいないことから、「使用者」にはあたらず労働組合との団体交渉に応じる必要はないと判断されました。

中間搾取、解雇については「使用者」性を否定した

労働者は、中間搾取や解雇の問題についても元請会社の責任を追及していましたが、認められませんでした。

つまり、こちらの問題では、「団体交渉拒否」(不当労働行為)の点とは異なり、元請会社は「使用者」であるとは認められませんでした。

下請会社の従業員の賃金はすべて、直接の雇用主である下請会社が支払っていたためです。

元請会社が提示して契約を締結した事実はないとされ、解雇についても元請会社が下請会社の指示をしたとは認定されませんでした。

下請会社の従業員からの団体交渉を受けないためには?

労働組合は、労働組合法による手厚い保護を受けています。弱い立場にある労働者を、集団的に保護するために、会社との間で団体交渉を行う権利を保証されています。

労働組合が、会社に対して団体交渉を申し入れてきたとき、会社はこれを受けて団体交渉を行わなければなりません。労働組合法において、団体交渉を受けなければならない「義務者」は、「使用者」とされています。

労働組合法にいう「使用者」とは、直接の雇用契約の当事者である会社だけを指すのではありません。

団体交渉の問題となる労働条件を実質的にコントロールしている今回のような場合、直接の雇用契約の当事者でなくても、団体交渉を受けなければならない「使用者」にあたるケースがあります。

元請・下請関係にある場合に、下請従業員に直接具体的な指示をしてしまえば、「偽装請負」となり、労働組合法上も、「団体交渉を行わなければならない」という今回の東京都労働委員会のような判断が下るリスクが高くなります。

したがって、下請会社の従業員から団体交渉申入れを受けないためには、会社だけでなく現場担当者レベルで、偽装請負となるような業務命令を行わないよう周知徹底しておくことが重要です。

まとめ

労働組合の団体交渉権が強く保護されていることから、必ずしも雇用契約の当事者ではなくても、団体交渉を受けなければならない場合があります。

したがって、団体交渉の申入れを受けた際には、「うちの従業員ではないから。」、d「よく知らない組合からの申入れだから。」といった理由で放置しておくことはお勧めできません。

労働組合との団体交渉の対応にお困りの会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

会社側の労働問題は、
弁護士にご相談ください。
経営者の気持ちがわかる弁護士が、
「二人三脚」で親身にお話をききます。
お問い合わせはこちら

-ニュース

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.