東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。

労使トラブルを防ぐ書式集

  • HOME »
  • 労使トラブルを防ぐ書式集

一般背景用(書類)

労働者と会社との間の労働関係を円滑に進めるためには、多くの書面が必要となります。

労使トラブルを未然に防ぐために、書面をきちんと作成しておくことが役立つケースが非常に多いです。雇用契約書に始まり、就業規則、労使協定、労働協約から、退職時にも退職届、解雇通知書など、労使間の行為を書類に証拠化し、労働者にきちんと理解してもらうことが大切です。

にもかかわらず、労働関係に関する書面をないがしろにしている企業は非常に多いです。

  • 就業規則を作成したことがない
  • 就業規則は、昔インターネット上の書式をコピーしたままである
  • 労働者への労働条件の説明は口頭のみである
  • 労働者の実労働時間を把握していない
  • 退職する際、特に書面を交わしたことがない

このような対応ですと、順調なうちはよいですが、いざ労使トラブルが起こると労働審判、裁判で争うための証拠が収集できません。

労使関係においては、会社の方が有利な立場にあり、また、労働関係に関する書類、情報を多く有しているとの前提の下、労働審判や裁判では、証拠を提出できないことによって、会社に不利な判断となりかねません。

採用段階における書面

採用段階の書面は、採用当初の労働条件を証明するために必須です。

また、採用段階では会社側に「採用の自由」がある反面、採用後は解雇権濫用法理により直ちにやめてもらうのが困難となりますから、採用時に、必要な約束の全てを合意しておく必要があります。

就業規則・労使協定

【準備中】

退職段階における書面

【準備中】

その他の書面

【準備中】

労働問題・企業法務のお悩みは、弁護士へご相談下さい!

労働審判、団体交渉、就業規則、問題社員への対応など、使用者側の労働問題は、経験とノウハウが重要な、非常に難しい法律分野です。

会社を経営していくにあたり、労働者との交渉は避けられませんが、一度トラブルとなれば、致命的ダメージとなるケースもあります。弁護士に頼らずに社長自身で解決するとなると、莫大な時間とエネルギーが必要です。

労働問題に特化した解決実績の豊富な弁護士が、労働法を使って会社を守り、継続的に発展していく方法について、詳しく解説いたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6274-8370 8:00 ~ 23:00 (土日・祝日も対応可)

PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.