労働審判・組合対応・団体交渉に強い弁護士

企業の労働問題解決ナビ

労働法務のご相談

弁護士と顧問契約して、顧問弁護士をつけるなら!

更新日:

顧問契約を締結して、顧問弁護士を付けるかどうか迷われている社長に向けて、当事務所の顧問契約のメリットについて説明します。

特に、「会社側(企業側)の労働問題」は、どのような業種、どの程度の規模の会社でも、常に予防をしておかなければならない、重大なリスクです。

顧問契約を締結することで当事務所が提供できる顧問業務のサービスを把握していただき、必要な顧問契約サービスをご選択ください。

例えば、人事労務に強い弁護士顧問契約をすることで、次のようなお悩みが解決できます。

よくある顧問先からの法律相談

会社内に問題社員がいて、今すぐにでも解雇したい(辞めさせたい)。
残業代が適法に支払われているかどうかを知りたい。
従業員(社員)から訴えられたときに、会社が反論できるよう適法な体制を整備しておきたい。
労働法の改正に正しく対応できているかどうか、社内体制をチェックしてほしい。

会社側(企業側)労働問題を解決してきた実績を豊富に有する、弁護士法人浅野総合法律事務所に、ぜひご相談ください。

当事務所の顧問契約サービスでは、得意分野である会社側(企業側)の労働問題をはじめ、会社に日常的におこるさまざまな法律問題について、総合的にサポートしています。

FLOW
kaigi
ご相談の流れは、こちらをご覧ください。

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区)では、労働問題と企業法務しています。 会社で、常日頃から問題となる労働問題と企業法務に特化することで、会社を経営する社長、人事労務の担当者の目線に立って、親 ...

続きを見る

弁護士への法律相談予約はこちら

顧問弁護士を頼んだほうがよい会社とは?

例えば、起業したてのベンチャー企業の場合、「まだうちの会社が弁護士と顧問契約をするのは早いのではないか。」というお話を聞くことがあります。

しかし、社内の人的リソースがあまり潤沢でない起業直後のベンチャー企業こそ、顧問弁護士をつけることを検討すべきタイミングにあるといえます。

むしろ、法務経験のある優秀なスタッフを1名雇用することのほうが、支出が大きく、従業員を雇用することにともなうリスクを抱えることになります。

具体的にイメージしていただくために、顧問弁護士に依頼することのできる業務について、具体的に解説していきます。

弁護士への法律相談予約はこちら

新規性の高いビジネスを行うときのサポートに・・・

全く新しいビジネスを展開する場合、まだ法的規制が十分に整っておらず、判例・裁判例の蓄積もないという分野もあります。

新規性の高いサービスを提供する会社では、事後的に、「違法」という判断を受けて会社が立ち行かなくなる危険に備え、顧問弁護士によるリスク管理を行っておくことが有用です。

新規性の高い分野を開拓する場合に、法的な見解について定説がまだない中で、サービスの適法性を継続的に検討していく必要があるからです。

信用性が必要な取引をするときに・・・

会社の規模が大きければ大きいほど、取引相手の信用性を重視することが多いのではないでしょうか。

大きな会社と取引をするときには、契約書などの書式は、取引先がすべて準備してくれて、顧問弁護士の必要性を感じないかもしれません。

社会的な信用が重視される取引において、顧問弁護士との顧問契約を結んでいることを、ホームページで公開することによって、信頼性を向上させることができます。

弁護士への法律相談予約はこちら

重要な取引を行うときのサポートに・・・

Support

ビジネスで交わされる契約書が必要なとき、インターネット上を検索すると、書式があることが多いのではないでしょうか。

しかし書式はあくまでも一般的な例であって、御社に有利に調整されたものではありません。むしろ、御社にとって不利な、予想外の条項があるかもしれません。

重要な取引が、事後に紛争化した場合に、適当な契約書を使用していたことで敗訴してしまうことは避けなければなりません。契約書の細部へのリーガルチェックが必須です。

会社側(企業側)に有利な解決を勝ち取りたいときに・・・

弁護士は法律の専門家として多くのノウハウの蓄積がありますから、会社内で法務を行うよりも効率よく進められる場合が多々あります。

特に、豊富な書式例を蓄積している「契約書作成」の分野や、労働審判、団体交渉などの会社側(企業側)の労働問題について、当事務所では多くの経験があり、会社だけで対応するよりも有利な解決が望めます。

会社だけで対応をするよりも、顧問契約をして、顧問弁護士とともに「二人三脚」で対応したほうが、結果的に、顧問料以上に有利な解決を期待できるケースでは、顧問弁護士サービスが有用です。

弁護士への法律相談予約はこちら

顧問弁護士は、当事務所にお任せください

企業の労働問題解決ナビをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

このサイトを運営している弁護士法人浅野総合法律事務所では、企業法務をはじめ、特に、会社側(企業側)の労働問題を得意としています。

そのため、経営者側の立場に立って、同じ目線で、多くの顧問先企業と顧問契約を締結し、顧問弁護士として日常的に法律相談に乗っています。

銀座駅(東京都中央区)という関東各県からの利便性を考慮した場所に事務所を置き、スピーディな対応を心がけています。

もっと詳しく!

当事務所では、顧問料を定めていますが、これは基本的なケースでしかなく、会社の状況に合わせて柔軟に相談に乗っています。

ご依頼いただく会社の状況にあわせて、オーダーメイドの顧問弁護士サービスをていきょうしています。

会社側の労働問題は、
弁護士にご相談ください。
経営者の気持ちがわかる弁護士が、
「二人三脚」で親身にお話をききます。
お問い合わせはこちら

-労働法務のご相談

Copyright© 企業の労働問題解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.