東京都新宿区・四ツ谷の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。

建築会社の人事労務

  • HOME »
  • 建築会社の人事労務

背景用(建設会社の人事労務)

建築業界の人事労務管理は非常に独特です。

建築会社の場合、単なる使用者と会社員、という関係だけでなく、請負・下請の関係による重層的な請負契約が、二次請、三次請と連続的につながっており、誰が使用者としての責任を負うのか、もしくは、責任を負わないのかの判断に迷うケースすらあります。

請負労働者中には、一人親方も多く、労働者としての保護を受けるのかどうか、事案によって判断が分かれます。

また、建築現場は常に危険と隣り合わせですので、労働安全衛生法、労災、安全配慮義務に関する問題が日常的に起こります。

したがって、労働問題の起こり得る可能性の高い建設会社であるからこそ、日頃からの人事労務管理を徹底し、労務リスクをできる限り低減させる必要があります。

浅野総合法律事務所(東京都新宿区)では、不動産、建設業界の経営者様を積極的に応援しています。

建設業界では、こちらで解説する通り、人事労務に関する従業員とのトラブル、特に職人の労務管理や労災の問題が非常に起こりやすい状態となっている会社が多い業界であるといえます。労働問題は、専門家による適切なチェックを経ることによって、事前に予防することが可能です。

また、当事務所では、人事労務に関する問題点以外にも、多数の建設業界の顧問先をお手伝いさせて頂いている中で培った経験と知識から、契約書チェック、取引先からの売掛金債権の回収、施主からのクレーム対応など、建設業界で経営をするに伴って発生しやすいあらゆる法律問題に対応しております。

建設業界の法律問題は、浅野総合法律事務所にお任せください。

建設会社特有の雇用管理

建設会社であっても労働基準法、労働安全衛生法などの労働法に従った雇用管理を行わなければならない点は変わりません。

「建設業界は特殊だから。」「この業界ではどこの会社もこのようなルールでやっているから。」というだけで裁判所を説得することはできません。

しかしながら、逆に窮屈すぎて、運用に支障が生じる規程も考えものです。

また、行うべき適切な雇用管理は、元請会社、下請会社、従業員、一人親方と、その属性によって大きく異なります。

労働法的に許されるルールの作り方について解説していきます。

職人と請負契約をする際に注意すべきこと

職人、特に一人親方と請負契約をする場合には、労働者として処遇しないことが重要です。

労働者との雇用契約と評価されると、労働法による保護を受けることとなり、会社が請負として処遇していたのであれば、雇用に対する手厚い保護に改めなければならなくなります。

しかしながら、請負を前提に契約条件を定めているのに、雇用としての保護の部分だけを新たに得ることができるとなると、企業として事後的な対応は経済的に困難でしょう。

労働基準監督署・社会保険などの行政対応

建設業は、許認可業ですから、行政に狙い撃ちされないよう、行政対応も適切に行っていかなければなりません。

従業員にとってより働きやすい環境とするための工夫が必要です。

社内での事務作業を軽減するためには、社会保険労務士等の専門家に外部委託することも検討しましょう。

監督署への届出、社会保険への加入について、しっかり理解しておきましょう。

労災事故発生時の会社の責任

建設業は、常に危険と隣合わせの労働環境の中で労働者を働かせなければなりません。

会社は、労働者を安全な環境で就労させなければならない義務があります。これを、安全配慮義務、職場環境配慮義務などといい、違反した場合には、損害賠償責任を負うリスクがあります。

危険が常に想定される建設現場であるからこそ、いざというときの責任問題をきちんと解決できるよう、日頃から労災事故に関する理解を深めておく必要があります。

まず、会社としては、労働者に対する適切な指導、教育を徹底しましょう。

労働問題・企業法務のお悩みは、弁護士へご相談下さい!

労働審判、団体交渉、就業規則、問題社員への対応など、使用者側の労働問題は、経験とノウハウが重要な、非常に難しい法律分野です。

会社を経営していくにあたり、労働者との交渉は避けられませんが、一度トラブルとなれば、致命的ダメージとなるケースもあります。弁護士に頼らずに社長自身で解決するとなると、莫大な時間とエネルギーが必要です。

労働問題に特化した解決実績の豊富な弁護士が、労働法を使って会社を守り、継続的に発展していく方法について、詳しく解説いたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6274-8370 8:00 ~ 23:00 (土日・祝日も対応可)

PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.