東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

残業代

割増賃金(残業代)は、所定労働時間(ないし法定労働時間)を超えて労働者が労働をした場合に請求できる賃金で、通常の賃金に一定の割増率を乗じて算出されます。

会社の経営者にとって、残業代を支払わずに労働者を働かせることは、タダで利益が手に入るわけで、麻薬に等しい依存性がありますが、後になって労働者からまとめて残業代を請求されてしまうと経営悪化の致命傷となることがあります。

労働審判や訴訟となった場合にも、残業については、解雇や労働者の能力評価の問題などとは異なり、判断に幅の少ない分野となりますので、高額の支払を命じられないためには問題化する前から日常的に適切な労務管理を徹底しておくことが必要となります。

労働審判で会社側が残業代請求問題を争う際の答弁書の書き方とポイント

残業代請求を労働審判によって争う場合に、会社側が作成、提出すべき答弁書の書き方とポイントについて解説します。労働審判で残業代を争うことを検討している会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労働審判会社側残業代請求答弁書労働問題弁護士東京

固定残業代制を会社が廃止すべき理由!ブラック企業と言われないために

会社が固定残業代制度を廃止すべき最近の流れについて解説します。ブラック企業といわれないためにも、適切な方法によって残業代対策を行いたい会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

固定残業代制度手当残業代廃止ブラック企業労働問題弁護士東京会社側

残業代を含む手当の支払を有効とするため、固定残業手当を支払う際のポイント

労働者からの残業代請求に対して固定残業手当の支払で対応するために、会社が注意すべきチェックポイントを解説します。残業代制度について疑問、不安のある会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

残業代請求固定残業手当有効性要件会社側労働問題弁護士東京

弁護士が教える!残業代未払で労基署から是正勧告を受けた会社側の対処方法と報告

突然労働基準監督署から是正勧告を受けると、初めて経験だと焦って冷静な対応ができないため、専門家によるアドバイスが必要不可欠です。労基署から残業代未払いを理由に是正勧告を受け、対応に苦慮する場合には、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

残業代未払い労基署是正勧告対応方法東京労働問題会社側弁護士

持ち帰り残業にも残業代の支払が必要?長時間の持ち帰り残業の黙認は危険!

持ち帰り残業も労働時間となる可能性があり、この場合会社での労働時間と合わせて法定労働時間を超える場合には、持ち帰り残業に対する残業代の支払が必要です。残業代を含めた労務管理に疑問、不安がある場合は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談下さい。

持ち帰り残業長時間残業残業代請求

労働者の主張する残業時間数を適法に削減する方法

労働法上、賃金や残業代の支払いが義務付けられる「労働時間」の定義と、その労働時間を削減して残業代を効率的に減額する方法を解説します。労働法上の「労働時間」は、必ずしも一般的な用語として使われる労働時間とは異なることを意識し、無駄な残業代、残業時間は節約しましょう。

残業代を削減する適切な労働時間把握の義務と方法

労働時間を把握する義務は会社側(使用者側)に課せら、労働時間把握として適切な方法は厚生労働省の指針に明らかとされています。労働者から残業代請求の内容証明、労働審判、訴訟等がなされたとき、会社側が労働時間把握の義務を果たしていないと不誠実かつ不利な評価をされるおそれがあります。

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり。有効となる方法は?

残業代の定額払いは、労働法の判例、裁判例においては、無効とされるリスクが高い。適切に制度を実施していれば、未払い残業代を請求される余地はないものの、実際には残業代が固定であることに託けて、違法に残業代を支払っていない会社もあるため、注意が必要です。

適切な残業代固定払いとは?定額残業代は違法リスクあり

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?

会社には労働時間を適切に把握して残業代を支払い義務があり、労働時間を適切な方法で把握、管理し、算出された残業代を支払わない場合には、後になって労働者から労働審判、訴訟等で争われた場合に、高額の残業代支払を義務付けられるおそれがあります。

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?

残業代請求の労働審判で会社の主張すべき減額の法理論6ポイント

労働審判で割増賃金(残業代)を請求された場合、その金額が適切な算出方法に従って計算されているか、客観的証拠が存在するか、そもそも残業代が発生する場合か、といった多くの検討を、第1回期日までの限られた時間内に行う必要があります。

労働審判(残業代請求)会社の主張すべき残業代減額の法理論6ポイント
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.