東京都新宿区・四ツ谷の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

解雇のニュース

解雇に関する労働法務ニュースをまとめました。

社会的に「ブラック企業」という用語が大流行りしたとおり、今もなお労働基準法をはじめとした労働法を適切に守らず、理由不十分なままに安易な解雇を行ってしまう中小企業。ベンチャー企業の経営者が後を絶ちません。

労働者の解雇を決断する際には、あとで争われた場合に有効性を維持することが可能であるかどうか、慎重に検討の上で進める必要があります。

妊娠2ヶ月後の解雇は理由が別でも無効│労働法務ニュース

妊娠中や出産直後の女性に対してそれ以外の理由で解雇する場合、できる限りそれらの出来事が起きる前に早急に決断すべきです。能力不足、勤務態度不良といった問題社員がいる場合には、労働問題に精通する弁護士に、日常的に相談しながら長期的な視野をもって進めることが重要であるといえます。

労働法務ニュース

IBMロックアウト解雇が無効で敗訴!外資系企業の安易な解雇に警鐘│労働法務ニュース

IBMが外資系企業であり、日本の解雇権濫用法理による解雇制限が、会社内ではあまり重視されていなかった可能性が指摘できます。解雇権濫用法理のない外資系企業は、日本に進出して従業員を雇用する際には、日本の解雇制限の法理を十分に意識して人事労務管理を行う必要があります。

労働法務ニュース
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.