東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

労働法務ニュース

新宿・四ツ谷で、労働法務を得意とする浅野総合法律事務所(東京)が発信する、労働法務に関する最近のニュースです。

有期契約労働者の無期転換に関するポータルサイト開設について

無期転換ルールが動き出す日は間近に迫り、会社は方針を決めた上、対策を早急に進めなければなりません。無期転換ルールの対策がお済でない会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

労働法務ニュース

ポケモンGoのプレイを、会社が従業員に対して強制できるか?ポケモンGoプレイ中の労働時間管理と過剰労働の問題

会社から従業員に対して「ポケモンGoをプレイするように。」と、業務として命じた会社がニュースで話題になっています。ポケモンGoを利用したプロモーションをお考えの会社に、注意しておいてほしいポイントを解説します。業務命令の有効性、労働時間管理、過剰労働等、多くの問題があります。

一般背景用(スマホ)

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?

会社には労働時間を適切に把握して残業代を支払い義務があり、労働時間を適切な方法で把握、管理し、算出された残業代を支払わない場合には、後になって労働者から労働審判、訴訟等で争われた場合に、高額の残業代支払を義務付けられるおそれがあります。

残業時間の適切な端数処理、未払残業代の正しい計算│セブンイレブンが違法な切捨処理?

残業80時間超の社員、厚労省「かとく」が、1人いれば監視。長時間労働に歯止め?

厚生労働省は、1か月の残業が「80時間を超える残業をする労働者が1人でもいる場合」には、労働基準監督署の立ち入り調査をすると発表した。過重労働撲滅特別対策班(通称「かとく」)設置と並び、ますます長時間労働に対する規制を厳しくする風潮が進んでいますので長時間労働の常態化に注意が必要。

労働法務ニュース

経営事項は団体交渉の対象か?│クックパッド社員が労組結成で経営陣退陣を要求

クックパッド」、経営陣の退陣を求める社員が団結して労働組合を設立したと報じられた。経営方針を巡り社内紛争の続いていたクックパッドの将来を不安視した社員が決起したとのことです。義務的団体交渉事項が議題となる場合のみであり、経営権に関する事項が労働条件等に影響する場合に限られます。

労働法務ニュース

下請と元請の団体交渉義務あり?原発作業で元請会社に団交命令(東京都労働委員会)

労働組合との団体交渉の対応にお困りの会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。労働組合の団体交渉権が強く保護されていることから、必ずしも雇用契約の当事者ではなくても、団体交渉を受けなければならない場合があります。

労働法務ニュース

IT企業の多重派遣、事業停止命令!出向装う違法実態

株式会社YSLソリューション等の派遣事業者が行政処分を受けたことによって、IT業界の多重派遣の違法な実態の一部が明らかになりましたが、これは氷山の一角に過ぎません。

労働法務ニュース

雇用保険法・育児介護休業法が改正可決!【平成28年4月施行】

雇用保険法の改正について、平成28年3月29日、参議院本会議における賛成多数で、雇用保険法、育児・介護休業法の改正案が可決されました。一部は平成28年4月1日から施行されるため、施行直前の改正となります。

最新の法律改正

過労死した「ほっともっと」店長が損害賠償請求│労働法務ニュース

大手弁当チェーン「ほっともっと」を運営する株式会社プレナスに対して、ほっともっとにて店長として勤務していた男性が過重労働を原因として2011年に過労自殺したことについて、元店長の遺族が損害賠償9300万円を請求し、提訴しました。

ほっともっと過労死

新卒採用の2017年度の企業動向は?│調査結果

2017年度の新卒採用の状況について、人と仕事研究所が2017年度に新卒採用を予定している企業を対象として調査 …

労働法務ニュース
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.